「なぜか犬にはモテる」。何もしていないのに犬に好かれる人の5つの特徴

特別なことは何もしてないのに、昔から犬にだけは好かれる——。世の中には、そんな人がいます。なぜ、犬から好かれるのでしょうか? それには、ある5つの理由があったのです。

犬に好かれる人の5つの特徴

犬に好かれる人たちには、共通点があります。

①堂々としていて穏やかあるいは大らかである
②犬の反応を見て、犬が嫌がることはしない
③性格がしつこくなく、あっさりしている
④すぐに近付いて触らない
⑤目を直視し続けない


犬好きな人が必ずしも好かれるわけではなく、その人の持つ性格や魅力、オーラ、洞察力で決まります。逆に、犬のことがよくわからなくても、5つのポイントに当てはまっていると、自然と犬に好かれます。

犬に懐かれたときのコミュニケーション

犬も私たち人間と同じで、うれしいことや嫌なことがあります。

犬がうれしいこと

・顔や体の側面、胸をなでられること
・優しく声を掛けてもらうこと
・おもちゃで遊んでもらうこと

犬が嫌がること

・すぐに抱き上げられること
・甲高い声で接すること
・頭をなでられること
・尻尾を触られること

以上を意識して、コミュニケーションを取ってみてください。きっと、今以上に犬と仲良しになれるはずです。

どの犬も、同じように接して大丈夫?

実は、両親から受け継いだ性格や気質、育った環境、そして犬種の特性などによって、犬の性格もいろいろ。

あなたに歩み寄ってすりすりしてくる犬は、きっとフレンドリーな性格でしょう。しかし、犬によっては人間を怖がっている場合もあります。もともと人見知りで、飼い主以外に心を開かない犬もいるでしょう。例えば、尻尾が股の間に入っていたり、ピンと上に張っていたりする場合は、警戒している証拠。警戒心を抱いているとき、犬の心は恐怖でいっぱいなんです。

犬の気持ちを知って、犬に好かれる人間になろう

表情やしぐさから犬の気持ちを読みとり、お互いに心地良いコミュニケーションを図れることは、素晴らしいことです。犬に好かれる人間はどんな特徴があるのか、犬がうれしいことや嫌なことは何なのかを理解し、犬との絆がもっと深めていきましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING