上下関係、できている?愛犬の行動でわかる、愛犬と飼い主、2人の信頼関係をチェックする方法

「この子より、自分は“下”なのかな……?」「信頼関係を築けているのだろうか……」。犬を飼っていると、少なからず「飼い主」と「犬」の上下関係やお互いの信頼関係について、気になるものです。そんなときは、普段の犬の行動から愛犬が自分にどのような感情を抱いているのかチェックしてみましょう。

犬の行動①~飼い主に対してかむ・ほえる

よほど攻撃的な犬ではない限り、たいていの犬は「怖いから」という理由で、飼い主にかみついたり、ほえたりします。ここで気になるのは、なぜ大好きな飼い主を「怖がる」ようになってしまったのか、という点です。

例えば、何かを少し失敗しただけで飼い主が叱ったり、叩くふりをしたり、大きな音で脅かしたりしていると、犬は自分の身を守るためにかんだりほえたりして、飼い主を追い払おうとすることがあります。決して威張っているわけではないのです。ただただ怖いから、身を守りたい……。その感情が、かむ・ほえるという行動に表れています。

飼い主のことを「怖い存在」だと思ってしまい、その動きを常に警戒するようでは、信頼関係は築けません。犬のおびえる気持ちに寄り添ってこちらの振る舞いを変え、関係を改善していくことが必要です。ほえられるからといって、愛犬との上下関係が逆転しているわけではない。その事実を、しっかりと認識しましょう。

犬の行動②~飼い主の言うことを無視する

名前を呼んでも無視したり、普段「おいで」と呼べば来るのに来なかったり……。犬は、飼い主の言うことを無視する場合があります。犬の聴覚は人間に比べてとても優れているので、私たち飼い主の声が聞こえない可能性は少ないと考えられます。つまり、聞こえているけれど「今は言うことを聞きたくないよ!」という意思表示をしていると考えられます。

そんな意思表示を見て、「飼い主なのに、ばかにされている!」と思ってはいけません。犬は元来、群れをつくって生活する動物で、集団の中での順位を決めたい生き物。そのため、順位が確定するまでは、自分の順位がどのあたりなのかを確認せずにはいられません。その確認の過程が、“無視”なのでしょう。自分の主張が通れば上位にいると思い、通らなければ下位にいると理解するのです。

飼い主を無視している犬の気持ちは、「飼い主は、いざというとき、自分を守ってくれるのかな……?」。飼い主に頼って生きていけるのか、少々不安を感じているのではないでしょうか?

犬の行動③~いつもそばにいる

膝の上に乗ったり、抱っこをせがんだりして愛情を表現する犬もいますが、一定の距離を保ってそばにいたい、ぴったりくっつくわけではないけれどもいつも私たちの視界の中にいる……という犬もいます。特に、日本犬と一緒に暮らしている飼い主は、心当たりがあるかもしれません。

そういうときは、「飼い主さん、大好きだよ!」と表現してくれていると思って、しっかりと愛情を注いであげましょう。わざわざ抱きしめなくてもかまいません。せめて声だけでも、「良い子だね。あなたのこと、大好きだよ」と話し掛けてあげてくださいね。

犬が飼い主をリーダーと認める条件

「上下関係をしっかり構築しないといけない」
「リーダーシップを取らなくてはいけない」

犬を飼っていると、こんな話を耳にすることも多いと思いますが、決して「リーダーとは、命令や指示に犬を従わすことができる存在」と勘違いしてはいけません。

犬がリーダーと認めるのは、犬自身が注目する対象であり、頼りにできる存在です。支配や制限ではなく、愛情を注ぎながら適切なしつけを行うことで、「飼い主がリーダーなんだ」と認めてもらうことができます。

愛犬との上下関係について、理解は進みましたか? 日頃の愛犬の行動を振り返り、改善すべきポイントがないか、今一度、普段の行動を見つめ直してみてください。

みんなのコメント

貴美子さん
家族の為に飼った犬🐕も子供の成長と共に歳をとり17年近く側で生活していました、振り返れば良い思い出だけが心に残っています。 今は主人と二人暮らしになり、生後2ヶ月の保護犬(雑種)をボランティアの方からお世話頂き家族になりました。 躾けは3度で理解するし、無駄吠えはしないし、ヒトやイヌに対してもフレンドリーで散歩が楽しみみたいです、こんなに手のかからない穏やかな我が家のバルちゃんは自慢の愛犬です。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING