目で何かを訴えている?犬があなたをじっと見つめる、3つの理由

犬に見つめられること——1日に何回くらいありますか? ふと気が付くと犬に熱い視線でじっと見つめられている。別に何かをしているわけではないのに、じっと見つめる犬の視線には一体どういう意味があるのでしょうか? 今回は犬が飼い主を見つめる意味について一緒に考えてみましょう。

「犬が見つめる」行為には、どんな意味がある?

犬がじっと飼い主を見つめる理由は、大きく分けて3つあります。それは「敵意」「要求」「愛情」です。犬はアイコンタクトによって、コミュニケーションを取ろうとしているのです。

犬が見つめるしぐさをしたら、愛犬は何を考え何を伝えようとしているのかを推測してあげましょう。
ちゃんと見つめる意味を理解して、犬とより深い意思疎通ができたらうれしいですよね! 
例えば飼い主が出て行ったドアを見つめる意味は、「少し不安だから早く帰ってきてね」の意味と言われています。

犬が「敵意」を抱いて、見つめるとき

相手に敵意を持っているから見つめる。

この場合は、見つめるその目の奥にとても緊張している様子が見受けられるはずです。敵意があるときはあなたをじっと見つめるだけで、目線を外そうとはしません。
うなっていたり歯をむき出しながら見つめるのであれば、敵意を向けられています。

本来犬は「目を合わせない」行動で相手に「敵意がない」ことを伝えようとします。
しかし、犬が怒った目で見つめるのを止めない場合は「こちらも敵意がある」というメッセージ。
初めて会う犬や飼い始めたばかりの犬には、目を見つめずに接するようにしましょう。

犬が「要求」や「愛情」を持って見つめるとき

犬はリーダーである飼い主の動きをしっかり見つめています。次にリーダーは何をするのか。そして自分はどうすべきか。飼い主をじっと見つめて判断しているのです。こういう場合犬は落ち着いた様子でこちらを見つめており、この見つめる行為が高じると、要求の意味になります。

要求の場合は首を上下に動かす、しっぽを振る、興奮して口を開けながら見つめるといったしぐさをします。
「そろそろご飯の時間だよ! まだ準備しないの?」といった具合に、自分の要求がかなうか見定めようとじっと見つめてきます。

甘えながら、ボーっと見つめているだけということもあります。このような愛情表現としての“見つめる”は、目の奥に穏やかさを感じるはずです。

いずれにせよ犬は人間を信頼しているときに、じっと見つめてきます。見つめる姿を無視せずに「もう少し待っててね」などと声を掛けて相手をしてあげると、安心するでしょう。

ウルウル瞳で見つめられるとついつい……

“ウルウル”な瞳で見つめる犬の姿は、本当にかわいらしいものです。
昔CMで話題になったチワワも、哀愁にあふれた瞳で見つめるしぐさで人気になりましたね。
そのような場合、おやつをあげたりと過剰にかまってあげたくなるかもしれません。

しかし、見つめる行為には要求も含まれているのでここは我慢が必要です。「“見つめる行動”を取れば、要求がかなうんだ!」と「自分は地位が高い」と、犬を勘違いさせてはいけません。犬と人間の立場が逆転しまうと、生活にさまざまな支障をきたします。

飼い主を見つめる行動はかわいい行為ですが、必要以上には甘やかさないようにしたいものですね。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING