犬はなぜ、ため息をつくのか?隠された真実の意味を探る

犬と暮らし始めると、「あれ? 今のため息じゃない?」という場面に遭遇したことはありませんか? 「ふぅ~」「ふんっ」と聞こえるのが、ため息です。人間がため息をつくのは途方に暮れたときや疲れてしまったときが多いかもしれませんが、犬のため息も人間と同じ感情なのでしょうか?

一日に犬が何度もため息をつく意味

最近は外で番犬として飼われる機会が少なくなり、室内で飼い主と過ごす時間が長くなったことで、犬のため息に気が付くケースが多いようです。

愛犬をよく観察していると、一日のうち、何度もため息をついていることに気が付きます。その多くは、飼い主とは関係なしに自分のベッドに寝転んだときなどに、「ふ~ん」とため息をついていませんか? 人間で例えるなら、何かの行動が一段落してほっとしたときに出る「よいしょ。はぁ~」という、無意識に出る声とよく似ています。

犬のため息は行動や感情の区切りを付けるときに出るものがほとんどです。

ため息には犬の感情が込められている

犬と会話ができれば、「そのため息の意味は、何?」と聞くこともできるのですが、残念ながら相手は言葉を持たない動物。だからこそ、犬がため息をついた状況から、飼い主がその意味や感情を理解してあげましょう。

リラックスや満足を感じているときのため息
犬の感情がリラックスしていたり満足を感じていたりするときには、「ふ~ん」と長めのため息が出ます。お腹が満たされて安全な寝床に落ち着いたときや、ぽかぽかと体が温まったときに出る無意識のため息です。このような感情のときは目をつぶっていることが多いのが特徴です。

がっかりして落ち込んだときのため息
何らかの理由でがっかりして落ち込んだときには、少し寂しそうな表情でため息をつきます。例えば、おやつをくれると思って大きく尻尾を振ったのに、飼い主さんが手にしているものが自分とは全く関係ないものだった……といった場面です。このシチュエーションでは、飼い主の目を見ていることが多いようですね。

ストレスを感じているときのため息
犬にストレスがかかったとき、それを回避しようとしてため息をつくことがあります。ストレスにもさまざまありますが、この場合は自分の思い通りにならなかったとき、知らない環境から解放されたときなどの、ストレスを受けた感情を切り替えるという意味でのため息。このときは飼い主のことを見るわけでもなく、ぶるぶるっと体を同時に震わせることもあります。

犬のため息には病気が隠されている可能性も……

犬の感情に関係なく、「はぁはぁ」とつらそうな表情で頻繁にため息をつくのであれば、何らかの病気にかかっているのかもしれません。

病気にかかると、さほど疲れていないときでも座り込んで「はぁ」とつらそうなため息をつくことがあります。ため息以外だと、くしゃみを連発する、鼻息が苦しそう、“ぜいぜい”する、元気がない、表情がぐったりしているなどの様子が見受けられることも。

愛犬にいつもと異なる様子が見られたら、肉体的な病気だけでなく精神的な病気の可能性もあるので、獣医師の診察を仰いでください。

犬のため息に向き合う

犬は喋れない分、ため息やボディーランゲージで飼い主とコミュニケーションを取っています。犬のため息に隠された感情をきちんと受け止めて、愛犬に向き合うことが大切です。

犬がリラックスしている状況で出るため息は、特に飼い主が何かをする必要はありません。対処すべきは、ストレスを強く受けて犬がため息をする場合です。「遊んでほしいのかな?」「運動不足なのかな?」「出掛けてばかりで寝不足じゃないかな?」「留守番で毎日寂しいのかな?」などと犬の感情を読み取って、犬が受けているストレスを取り除く努力をしましょう。

犬のため息に隠されたストレスを見逃し続けていると、信頼関係が崩れたり病気の原因となったりすることがあります。毎日、愛犬の様子を注意深く観察してあげてくださいね。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING