なぜ尻尾を振りながらほえるの?犬の意外と知らない3つの心理

犬の気持ちは「尻尾の動きを見ればわかる」といわれています。しかし尻尾を振りながらほえる犬の姿を見ると、うれしいのか怒っているのかどちらかわからなくなります。今回は、犬の気持ちを知りたい人のために、「犬が尻尾を振りながらほえているときの3つの心理」をご紹介します。

吠える犬の心理①~興奮している

「尻尾を振る」と「ほえる」を組み合わせで考えられる犬のポジティブな心理が、「興奮」です。飼い主が帰宅したときや来客があったときなどにテンションが上がって興奮し、その気持ちを尻尾を振りながら吠えることで表現しています。犬が興奮状態のときの尻尾は早い動きなのが特徴です。

吠える犬の心理②~おねだりしている

お散歩に連れて行ってほしいときや遊んでほしいとき、犬は甘えてほえることがあります。飼い主さんがご飯を用意しているときなどに、「早くして! お腹空いた!」と急かすようにほえるのです。

ほえながら大好きな飼い主さんにおねだりをしているときは、尻尾がゆったりとした動きで揺れています。これは犬の精神状態がリラックスしていることを表しています。

吠える犬の心理③~警戒している

尻尾を振っていても犬の表情がいつもより険しく、対象が飼い主や家族ではない場合は警戒心からほえていることがあります。犬は人間と同じように危険なにおいがするものには警戒心が働き、それを飼い主さんから遠ざけようとほえて知らせているのです。例えば、顔なじみになっているはずの郵便屋さんなども自分の縄張りに入って来たことで「警告」を知らせるためにほえることがあります。

犬の心理はどこを見て判断したらいいの!?

犬の気持ちを知ろうとしたとき、「尻尾を振っているからうれしいんだろう」と単純に捉えてしまってはいけません。「尻尾を振る」ことは決してうれしいときだけにする行動ではないからです。犬の本当の心理を知るためには、以下に挙げる2つのことを踏まえて総合的に判断しましょう。

表情

尻尾を振っていても顔の表情が険しかったら要注意です。

声色

飼い主は愛犬の声のトーンを日頃から気を付けて聞くようにしておきましょう。そうすることでほえていても喜んでいるのか怒っているのかを声色を聞いて判断することができます

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING