犬があなたに向かって歯をむき出しにして威嚇するかのようにうなる3つの理由

犬が鼻にしわを寄せて「ウウウッ……」とうなっていると、誰しも怖さを感じるもの。普段はかわいい子どものような存在が急に野生の動物のように感じてしまう瞬間かもしれません。ただ犬がうなること自体に問題はないのですが、場合によっては「本気でかむ」という行動の前兆にもなりますので注意が必要です。

うなる理由①~嫌なことをされた

犬は不快感や警戒心のあらわれとして唸ります。唸ると人の行動をコントロールできると学習してしまった犬は、少し嫌なことをされたときにもうなるようになってしまうのです。

うなれば嫌なことを止めてくれるという犬にとってのメリットが、うなるという行動をエスカレートさせていく、というわけです。

うなる理由②~何かを守りたい

犬にとって「大事なものを守りたい」場合もうなることがあります。

守りたい対象はおもちゃやご飯、おやつ・場所・人などさまざまです。ただ犬の本能から見れば、大事なものを守りたいというのは正常な行動です。

おもちゃを取ろうとしたらうなる。食器を触ろうとしたらうなる。ベッドから降ろそうとしたらうなる。こういった場合犬が何かを守りたいという本能があるにせよ守る必要がないことを教え、飼い主が「ちょうだい」「どいて」と言えば、譲ってくれるように練習しておきたいものですね。

うなる理由③~遊んでいるときに勢い余って……

時々遊んでいるときに「ウウッ~!」とうなる犬を見ることがあります。

犬同士で遊んでいる最中にうなる、おもちゃで引っ張りっこをしていたらうなる、などは人間の子どもでもあること。遊びのときのうなりは「えいや~!」「それ! 行くぞ!」というような掛け声の一種だといわれています。遊びが真剣であればあるほど、ついつい勢い余ってというケースなのでほとんどの場合は問題ありません。

とはいえ勢い余ってうなってしまうということは犬のテンションがかなり高くなっている表れなので「ちょっと休憩しようね」と言ってクールダウンさせてあげることも必要なのかもしれません。

うなることを止めさせたい場合は

まずは「なぜうなるのか」「何にうなるのか」というように、うなる原因や理由を探って対処してあげることが大切です。

例えば、警戒心や不安で自己防衛としてうなる犬に「うなること」を叱ってしまうと、ますます警戒心や不安を煽るだけになってしまいうならずに突然かむという行動に発展してしまうおそれがあります。恐怖心からうなる犬にも同様のことがいえるでしょう。

足先を触られるのが嫌な犬には最初から長い時間ではなく、1秒でも触らせてくれたら褒めるということを徐々に時間を延ばしながら行って「触られることは嫌なことじゃないんだ」と教えていくと、最終的には飼い主も楽に暮らせるようになっていきます。

原因や理由によって犬に「うならなくても、大丈夫なんだよ」いうことをしっかりと伝えて、犬が安心できる環境をつくっていきましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING