犬もストレスを抱えている。犬がしんどいときに見せる4つの症状

ストレスに悩んでいるのは、なにも人間だけではありません。犬だってしんどくなってしまうときがあります。そんな犬たちのストレスからくるSOSをキャッチしてあげるのが、私たち飼い主の役目です。犬がストレスを抱えたときに見せる典型的な症状をご紹介します。

症状①~犬の無駄吠えが増える

犬は運動不足に陥ると、ストレスで無駄吠えが多くなります。

特に、マンションやアパートで犬を飼っている場合、なかなか犬の満足できる運動量を提供してあげることができず、ストレスが溜まりがちです。

特に忙しい飼い主の場合は、散歩の時間も多く取れず、なおさらでしょう。

そんな体のむずむずやストレスが無駄吠えとして表れます。

どんな小さな犬でも十分な運動によってストレスを発散させてあげましょう。

症状②~犬が下痢(げり)や嘔吐(おうと)をする

人間も緊張したりストレスを感じたりすると、お腹が緩くなってしまうことがあります。

犬も同じくストレスを感じると、下痢(げり)や嘔吐(おうと)の症状が出ます。

一見「食あたり?」と思える症状ですが、犬は精神的なストレスを感じる繊細さを持っています。

家の雰囲気が緊張していたり、飼い主に構ってもらえなかったりすると、犬も空気を察してストレスを抱えてしまいます。

愛犬に心配させないように、ストレスがかからない居心地の良い雰囲気づくりをしてあげましょう。

症状③~犬の落ち着きがなくなる

自分の尻尾を追い掛けてくるくる回り出したり、やたらと体の1カ所をなめ回したり、家のものを引っ掻いたり、噛んだりするのは、犬が心穏やかではないというストレス症状です。

飼い主が犬に対してあまりに自分本位なペースで接すると、犬はそれに付き合わされることでストレスを抱き、疲れてしまいます。

犬にきっちりとした行動パターンを定めることが、ストレスを軽減させるポイントです。

症状④~犬が舌を出してはぁはぁさせる

犬が舌を出してはぁはぁ、ぜいぜいしているのは、ストレスを感じて体温調整をしようとしているからです。

犬は飼い主が気付かなければ、あらゆる環境の変化に振り回されて、ストレスを感じやすくなってしまいます。

毛をまとっている犬は、人間と同じ環境ではなかなか体温調整が難しく、それがストレスの原因になります。

犬のことを常に考えて水を切らさないようにしたり、室内犬の場合は部屋の温度調整・換気などにも気を配って、ストレスのない生活空間を提供してあげましょう。

犬はストレスを感じても、言葉で伝えることはできません。

犬のSOSを見逃さず、ストレスフリーな生活を一緒に送りましょう。

みんなのコメント

さゆりさん
とてもいい勉強になりました。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING