かまれたら大変!犬がうなるのをやめさせる効果的な方法と3つのポイント

あなたは、愛犬にうなられたことがありますか? 犬の“うなり”を放っておくと、大変なことになる可能性も。“うなり”を犬の本能だと受け入れるのではなく、うなることを止められるよう、きちんとしつけをしてあげましょう。うなる犬にしつけをする際のポイントを3つにまとめてご紹介します。

そもそも、犬はどうしてうなるの?

「食べ物やおもちゃを取られたくない!」「お気に入りの場所を取らないで!」という、わがままなうなり。「危険そうで、怖い……。近付いて来ないで!」という、恐れのうなり。犬の“うなり”には、さまざまな理由があります。

犬はうなることで恐怖、所有、縄張り、優位性の誇示、痛みなどのサインを出しています。しかし、この中でも犬のわがままから来ている“うなり”を許してしまうと犬は自分の主張が受け入れられたと思い、その後もうなることを止めずに主張を繰り返すでしょう。そうならないためにも、うなる犬はしっかりとしつけなければなりません。

うなる犬のしつけ①~“うなり”を止めさせる3つのポイント

不快な感情でうなっている犬には、しっかりとしたしつけが必要です。

①エリアや行動を制限する
もし愛犬がソファや人間のベッドを占有していても、指示してきちんと降りられるようなら大丈夫です。しかし、言うことをきかずにうなるようであれば、きちんと教える必要があります。

②人間との共生マナーを練習する
自由が多ければ多いほど、犬の要求や主張は大きくなり、うなりも増えていきます。人間社会で生きるためのマナーを身に付けさせて、無駄にうなることをやめさせましょう。

③「愛情」と「我慢」のバランスが大切
愛犬に愛情を注いでいるがゆえに難しいのが、「我慢」させること。うなるのをやめさせるために、「愛情」は大切。ただ、過干渉や過保護にならないよう、気を付けてください。

うなる犬のしつけ②~うなる行動をやめさせるトレーニング

うなる犬をしつけるためのトレーニング方法をご紹介します。もし、口頭での指示に耳を傾けないようであれば、意図を伝えるためにリードを付け、行ってください。

うなる犬をしつけるトレーニング手順

STEP①
犬がうなるシチュエーションをわざとつくり、うならせます。

STEP②
大好きなおもちゃをくわえてうなるのであれば、おやつと交換するために「出して」「ちょうだい」などの声掛けをします。ソファを陣取ってどかないのであれば、「ダウン」「降りて」などと声を掛け、おやつで誘導してください。おやつで動く気配がなければ、リードで降ろしましょう。

おやつのときに近付くとうなるようであれば、おやつを与えてはいけません。あなたは、リードの端を持ったままにします。うなるのを止めなければ、リードを引いて犬を待たせてください。落ち着いてきてうなるのをやめるようなら、少しずつおやつを与えましょう。うなるなら、おやつはおあずけやめたら与える。これを、繰り返します。

STEP③
そして、最後は褒めます。いずれも、犬がきちんと指示に従ってうなることをやめられたら、よく褒めてごほうびをあげてください。

うなる犬のしつけ③~うなる行動はストレスの氷山の一角

犬は日々のストレスが重なると、唸るようになります。
唸ることから始まり、吠えたり噛んだりという行動を選ぶようになるのです。

この場合、「ダメ!」と叱るだけでは唸ることを止められないでしょう。
唸るのは、犬に関する問題の氷山の一角だと思ってください。

トレーナーなど専門家でない限り、マズルをつかんで目を睨んでも、憎しみやストレスといった感情しか残りません。
そのせいで、唸るのを止めさせることが難しくなったりもします。

また、通常の首輪からハーフチョークなどに変えてみるのもオススメです!
首輪の自由度は、犬の自由度の象徴。
自由を与えて唸ることを止めさせても、本当の解決にはなりません。

それよりもたくさん一緒に散歩に出かけ、遊んでリフレッシュさせながらコミュニケーションをとってあげることが、犬にとっては嬉しいのです。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING