散歩中の犬の興奮を抑えて引っ張り癖を直す、2つの方法

散歩をすると、犬がリードをぐいぐい引っ張って飼い主の前を歩きたがる。こんな犬の問題行動に困ったことはありませんか? 犬の自己主張やわがままは早いうちに直しておかないと、後でやっかいなことになりがち。飼い主が主体でリードして散歩できるように、今回は引っ張り癖のある犬のしつけ方をご紹介します。

散歩中、犬がリードを引っ張る理由とは?

犬はどうして散歩に出ると、リードを引っ張ってしまうのでしょうか? 飼い主さんを置いて、どんどん先へ歩きたがる犬も少なくありません。これにはさまざまな理由が考えられます。

日頃のストレスが溜まっている

室内犬に多いのですが、一日中ケージの中や家の中にいないといけない犬たちは、(個体差はあるものの)相当ストレスが溜まっています。散歩に出ると、興奮して引っ張ってしまうのかもしれません。

飼い主がリードを引っ張るから

犬が引っ張る理由をつくっているのは、実は飼い主さんかもしれません。飼い主さんが犬を引っ張ろうとすると、犬は本能的に引っ張られまいと、重心を前方に傾けて抵抗するのです。

リードを引っ張ると、飼い主さんが付いてきてくれるから

犬が「自分の行きたい所へ引っ張っていくと、飼い主さんも付いてきてくれる」と学習してしまっているケースです。つまり自分に散歩をリードする権限があると思っています。

引っ張り癖を直すべき理由とは?

そもそも、犬の引っ張り癖を直す必要はどこにあるのでしょうか?

犬がリードを引っ張る状況というのは、犬自身が興奮している状態。興奮した状態で不測の事態に遭遇した場合は、危険を伴います。自動車や自転車との事故や他の犬とのトラブルなど、たかが散歩とはいえ、注意を払わなければいけません。私たち人間は意識せずとも周りの環境を理解し、自然に危険を感知していますが、犬たちは私たちほど外の世界を知りません。そんな犬たちが興奮した状態で好き勝手に歩き回る行動は、犬自身にも危険が及びますし、周りの人々にとっても迷惑となります。実際に事故は起きていなくても、それは周りの人々が危険を察知して協力してくれているということを忘れてはいけません。

では、どうすれば犬の引っ張り癖を改善できるでしょうか?

犬の引っ張り癖の直し方①~リードを引っ張ったら、その場で立ち止まる

犬にとって散歩は、何よりも楽しみの一つ。まさにご褒美に相当するものです。しかし、前述したように興奮した状態で好き勝手に歩かせることは、結局のところ、犬自身へ危険を及ぼすことにもなってしまいます。

引っ張り癖のある犬の多くは、リードを引っ張れば好きな所を自由に歩くことができ、そのうえ飼い主さんも付いて来てくれると学習しています。もしこのままそれが毎日続けば、引っ張り癖はどんどんひどくなってしまうでしょう。

そこで、効果的な改善法は「犬が引っ張ってきたら、飼い主が立ち止まってみること」です。犬がそれでも執拗に引っ張ろうとしても、飼い主さんは動かないで立ち止まってください。犬が引っ張るのを止めて、リードが緩んだら飼い主は歩き出し、散歩を再開させます。歩いている途中で、犬が引っ張り始めたらそのたびに飼い主は止まってください。犬が引っ張るたびに飼い主が止まるので、犬は勝手に好きな所へ進めなくなります。

リードを引っ張るのは無駄なこと、どこへも行けなくなるということに犬が気付くことで、リードを引っ張らなくなるのです。

犬の引っ張り癖の直し方②~ 飼い主が方向転換をして散歩をリードする

飼い主が立ち止まっても、犬がリードをぐいぐい引っ張って前へ進もうとする場合もあります。そんな場合は、「飼い主が反対方向へ転換してみる」ことで改善してみましょう。そのような行動を飼い主が取ると、犬は「あれ?」と思いながらも慌てて飼い主さんを追い掛けて、前へ行こうとします。そこでまたリードがピンッと張ってしまう前に、飼い主さんは立ち止まりましょう。そしてまた逆方向へ転回して歩きます。

犬がリードを引っ張るたびに、この一連の動作を繰り返してみてください。こうすることで、飼い主さんが散歩の主導権を握っていることを犬に教えることになり、飼い主さんに付いてくるようになります。

落ち着いて散歩できるようになったら、褒めてあげる

犬の引っ張り癖を直すには……

①犬が引っ張ったらその場ですぐに立ち止まること。
②飼い主さんが方向転換をして散歩をリードすること。

この2つの改善法で直してあげることができます。

今まで好きなように引っ張って散歩してきた癖を直すのは、時間を要します。しかし、上述の危険性もあるため、少なくとも放置はできません。犬は自分自身では直し方を知りませんので、飼い主さんも一緒になって根気強く、付き合いましょう。

また、犬が飼い主さんに付いてきて歩調を合わせて歩くようになったら、必ず、褒め言葉を掛けてください。

「お散歩、楽しいね」

そう笑顔で語り掛けてあげるだけでも、OKです。きっと、犬は「飼い主さんに従って散歩をするべきだ」と理解してくれるはずでしょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING