散歩中の犬の興奮を抑えて引っ張り癖を直す、2つの方法

散歩をすると、犬がリードをぐいぐい引っ張って飼い主の前を歩きたがる。こんな犬の問題行動に困ったことはありませんか? 犬の自己主張やわがままは早いうちに直しておかないと、後でやっかいなことになりがち。飼い主が主体でリードして散歩できるように、今回は引っ張り癖のある犬のしつけ方をご紹介します。

散歩中、犬がリードを引っ張る理由とは?

犬はどうして散歩に出ると、リードを引っ張ってしまうのでしょうか?

飼い主を置いて、どんどん先へ歩きたがる犬も少なくありません。

これにはさまざまな理由が考えられます。

日頃のストレスが溜まっている

室内犬に多いのですが、一日中ケージの中や家の中にいないといけない犬たちは、(個体差はあるものの)相当ストレスが溜まっています。

そんな犬は散歩に出ると、興奮して引っ張ってしまうのかもしれません。

飼い主がリードを引っ張るから

犬が引っ張る理由をつくっているのは、実は飼い主かもしれません。

飼い主が犬を引っ張ろうとすると、犬は本能的に引っ張られまいと、重心を前方に傾けて抵抗するのです。

リードを引っ張ると、飼い主が付いてきてくれるから

犬が「自分の行きたい所へ引っ張っていくと、飼い主も付いてきてくれる」と学習してしまっているケースです。

つまり、自分に散歩をリードする権限があると思っています。

犬の引っ張り癖を直すべき理由とは?

そもそも、犬の引っ張り癖を直す必要はどこにあるのでしょうか?

犬がリードを引っ張る状況というのは、犬自身が興奮している状態。

興奮した状態で不測の事態に遭遇した場合は、危険を伴います。

自動車や自転車との事故や他の犬とのトラブルなど、注意を払わなければいけません。

私たち人間は意識せずとも周りの環境を理解し、自然に危険を感知していますが、犬たちは私たちほど外の世界を知りません。

そんな犬たちが興奮した状態で好き勝手に歩き回る行動は、犬自身にも危険が及びますし、周りの人々にとっても迷惑となります。

実際に事故は起きていなくても、それは周りの人々が危険を察知して協力してくれているということを忘れてはいけません。

では、どうすれば犬の引っ張り癖を改善できるでしょうか?

犬の引っ張り癖の直し方①~リードを引っ張ったら、その場で立ち止まる

犬にとって散歩は、何よりも楽しみの一つ。

まさにご褒美に相当するものです。

しかし、前述したように興奮した状態で好き勝手に歩かせることは、結局のところ、犬自身へ危険を及ぼすことにもなってしまいます。

引っ張り癖のある犬の多くは、リードを引っ張れば好きな所を自由に歩くことができ、そのうえ飼い主も付いて来てくれると学習しています。

もしこのままそれが毎日続けば、引っ張り癖はどんどんひどくなってしまうでしょう。

そこで、効果的な改善法は「犬が引っ張ってきたら、飼い主が立ち止まってみること」です。

犬がそれでも執拗(しつよう)に引っ張ろうとしても、動かないで立ち止まってください。

犬が引っ張るのを止めて、リードが緩んだら飼い主は歩き出し、散歩を再開させます。

歩いている途中で、犬が引っ張り始めたらそのたびに止まってください。

犬が引っ張るたびに飼い主が止まるので、犬は勝手に好きな所へ進めなくなります。

リードを引っ張るのは無駄なこと、どこへも行けなくなるということに犬が気付くことで、リードを引っ張らなくなるのです。

犬の引っ張り癖の直し方②~ 飼い主が方向転換をして散歩をリードする

飼い主が立ち止まっても、犬がリードをぐいぐい引っ張って前へ進もうとする場合もあります。

そんな場合は、「飼い主が反対方向へ転換してみる」ことで改善してみましょう。

そのような行動を飼い主が取ると、犬は「あれ?」と思いながらも慌てて飼い主を追い掛けて、前へ行こうとします。

そこでまたリードがピンッと張ってしまう前に、立ち止まりましょう。

そしてまた逆方向へ転回して歩きます。

犬がリードを引っ張るたびに、この一連の動作を繰り返してみてください。

こうすることで、飼い主が散歩の主導権を握っていることを犬に教えることになり、付いてくるようになります。

犬が落ち着いて散歩できるようになったら、褒めてあげる

犬の引っ張り癖を直すには、

①犬が引っ張ったらその場ですぐに立ち止まること。
②飼い主さんが方向転換をして散歩をリードすること。

この2つの改善法で直してあげることができます。

今まで好きなように引っ張って散歩してきた癖を直すのは、時間を要します。

しかし、上述の危険性もあるため、少なくとも放置はできません。

犬は自分自身では直し方を知りませんので、飼い主も一緒になって根気強く、付き合いましょう。

また、犬が飼い主に付いてきて歩調を合わせて歩くようになったら、必ず、褒め言葉を掛けてください。

「お散歩、楽しいね」

そう笑顔で語り掛けてあげるだけでもOKです。

きっと、犬は「飼い主に従って散歩をするべきだ」と理解してくれるはずでしょう。

みんなのコメント

ハチままさん
今年の夏で3歳になるのですがそれでも、引っ張る癖は直りますか?
シーママ💗さん
1歳3ヶ月のラブラドールです。 お散歩の時の引っ張り癖がひどくて 困ってます💦
のんママさん
まだ一歳になってないけれど引っ張りが強いのでこのやり方を参考にやってみます!
ゆずママさん
まだ、1歳になってない豆柴を飼ってます。 散歩の時強くリードを引っ張るので困ってます…参考にさせてもらいます
ばーばさん
1歳3ヶ月のラブラドール かなりの引っ張りと電信柱の臭いをかぐ事や人や自転車、よそ様のわんこにかなりの力で寄って行きたがる癖…etc.肩が抜けそうなくらい引っ張るので苦痛です。 引っ張り防止胴輪、短引きはなんのその、といった感じでどうしたらなんとか楽しく散歩は楽しめるか毎日苦痛、最悪の泣きの散歩です。トレーニング等にお願いする事は考えずになおす事は可能なのでしょうか? ちなみに引っ張る度に止まる等は何度も何度もやってみました。
Aままさん
まだ3ヶ月の子犬ですが大きい犬なのでかなり散歩が大変で筋肉痛の日々です。 立ち止まる、方向転換やってますがまたすぐ引っ張るので意味があるのか疑問です。 訓練士を家に呼んで何度かやってますが訓練士がやれば良い子に歩くのです。 主従関係の構築は頑張ってるつもりですがナメられてるって事でしょうね。 癒しの為に飼った犬がストレスの素になるとは切ないです。 諦めずに訓練を頑張ります。 みなさん一緒に頑張りましょう!
YOSHI@DOBERMAN SHOP さん
若い犬は元気いっぱいなので修正するのが難しいですよね。私がとった方法は、しっかり運動させた後(犬が疲れてから)、ヒールの練習を開始しました。その方が引っ張りも弱くコントロールしやすい→成功体験が作りやすい→しっかり褒めて定着させる。これの繰り返しでした。
ママさんさん
私の犬はチワワとポメラニアンのミックスです散歩の時に引っ張られて、他の人の迷惑にもなって困ります💦
れいさん
実家の義父が入院し散歩を私がやることになったのですが、30代の私の力をもってしてでも引っ張る力に負けてしまいます、 やはり義父が散歩していた頃は引っ張らなかったそうです、やはり飼い主の言うことしかきかないのでしょうか
jamjamさん
2才ダルメシアンですが、散歩に連れだした後半は、前半とは、想像がつかない位お利口にリードを弛ませて歩きますが、玄関から出た途端にリードをひっぱり、静止させても全くアイコンタクトもしません。 庭で遊ばせてから、少々疲れさせて散歩に行きます。そして、リードを緩めて歩く練習もしてから、散歩を始めます。 バイタリティーがあるためか、好奇心の塊でなににでも、首を突っ込んで見にいく犬です。 なんとか、アドバイスを頂ければ幸いです。
momosukeさん
7ヶ月の柴犬を飼っています。おさんぽは毎日、元気いっぱいで玄関から飛び出していきます。が、道路に出たとたん、いろいろな方向に自由に行きたがり、危なくてちょっと道路を歩かせたら自宅に庭に戻る、を繰り返していました。色々なアドバイスを参考に、引っ張ったら止まる、をやってみましたが、常にぴーんと引っ張っているので、正直それではお散歩にならず・・・。それでも、引っ張り始めたらリードを強く引く(ハーフチョークではなく、普通の首輪です)をやってみたら、以前よりもちゃんとおさんぽできるようになりました。前より自由にいきたがることも少ないです。気長にしつけつつ、いつかはのんびりとお散歩を楽しめるようになりたいです。
ひまわりさん
10歳近い雌の雑種飼っていますとても散歩が大変です。リードグイグイ引っ張って行くのでかなりきついです待てを言っても聞かないしわがままな犬です参考にして散歩してみます
momosukeさん
前回の投稿から半月、お散歩練習の成果が出て、お散歩を始めても、強く引っ張らなくなりました。気になるものがあってうろうろしても、軽くリードを引っ張っただけでついてきてくれるようになりました!そしておさんぽ後半、家が見えてくると、なぜか早く帰りたいらしくすごく引っ張り出します。自宅の敷地内に入ったら、もう玄関先までダッシュです!朝15分のお散歩ですが、12月の寒さのせいなのでしょうか。暖かいリビングに入ると、ぐるぐる走り回ってお水を飲んでからごろんと寝転がってうとうとしています。以前のように引っ張られることもなくなり、私もお散歩が楽しくなってました。
もちもちさん
ダルメシアン2歳です。 3代目です。 今回のダルメシアンは難聴で耳が聞こえません。声でのしつけが出来ません。男の子で若いためまだまだ元気いっぱいで散歩は大変です。 難聴でも基本的には躾は同じなのかと思っていますが、なかなかうまく行きません。 散歩だけでもお互い楽しく行きたいと思っています。 プロにも相談を考えましたがお金もかかるためできるだけ自分で頑張りたいと思います。 散歩グッズ、コツなど相談したいと思います。 リード、首輪、胴輪、ヘッドカラーなどなど色々試しましたがあまり効果ありません。
もこちんさん
もうすぐ5才になるオスの トイプードルです 散歩の時 リードの引っ張り癖が まだ 治りません、日中は サークルの中でかなりのストレスがたまってると思うのですが、夕方の散歩が 楽しいみたいで テンションMAXで 困ってます。
そらさん
たいへんですよね。うちも、散歩中、引っ張りが、強く、拾い食いは、するわ、人や、犬とすれ違うと、吠え、自転車が来ると行こうとするし、楽しい散歩が、楽しく思えません。でも、これから、あきらめずに、根気よく、しつけて行きたいと思います。
エディさん
一か月前、義母(80歳、要介護1の認知症)が、6歳半の柴犬の女の子(避妊手術済み)を貰ってきました。元飼い主さんがご夫婦で施設に入ることになったので、貰ってくれないかと、私が留守の時に来られたそうで、義母は、その子を気に入り、貰ったと言っていました。 人なつこい、可愛い子です。 貰ってしまった以上、可愛がって育ててやらなければいけません。 が、80歳の認知症の義母には、世話は出来ません。元来、犬好きの私。私がこの子を世話し、守り、可愛がり、楽しく長生きさせてやろう!と心に決めました。義母は、可愛がってくれさえすればいいと思っています。 来た日に、驚いたのは、6歳半にもなるのに、おすわりも、お手も、覚えていませんでした。 何より臭かった。そして、その来た日のお散歩で、また驚き。あっちこっちに、グイグイ引っ張り回し、疲れ果てました。 うちの子になって、ひと月経ちましたが、強い引っ張り癖は、直りません。いろいろ調べて、立ち止まったり、逆方向へ行ったり、引っ張ったら、前には行けないよ、的なことを毎日繰り返していますが、全く効果がなく、楽しいはずのお散歩が、憂鬱になるほど、毎日、お散歩から帰ると、疲れ果てています。毎日1時間から2時間、お散歩していますが、その時間は、まるで、その子と私の戦いみたい。心折れそうになりますが、6歳半からの躾ですから、根気がいるのは、当たり前。スキンシップも大切にしながら、これからも毎日、楽しく頑張っていきます。 きっと、抱きしめたくなるほど、お利口さんになってくれることを信じて。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING