犬の嗅覚は人間の何倍?ただ強く感じるわけじゃない、知られざるにおいの世界

「犬はにおいを強く感じる」。犬好きではなくても誰もが知っている有名な話ですが、犬の鼻はどのようにしてその高い能力を発揮しているのでしょうか? 人間よりもはるかに優れた鼻の機能を持つ犬が感じるにおいの世界を、少しのぞいてみましょう。

人間の100万倍~1億倍ともいわれる、驚くべき嗅覚

人間の100万倍以上だといわれている、犬の嗅覚。犬の鼻の中にある「嗅粘膜」は“ひだ”が多いことからその面積がとても広く、においを嗅ぎ取りやすくなっています。さらに、においの分子を集めて脳へ情報を送る「嗅細胞」が多く、その上、一つ一つの細胞の感度が人間に比べてとても高いことから、非常に優れた嗅覚を持つと考えられているのです。

「犬はにおいを強く感じる」。実は勘違い?

とはいえ、犬が100万倍以上の「強さ」でにおいを感じているわけではありません。犬の嗅覚は「強く感じる」というよりも、「嗅ぎ分ける」ことに優れているという表現の方が、正確です。「人間が肉眼で見ているものを、優れた顕微鏡で細部まで見ている」という感覚に近いかもしれません。

“長い垂れ耳”は、においを嗅ぐときの役に立つ

においで獲物を追跡して狩りをする「嗅覚ハウンド」の代表格の多くは、“長い垂れ耳”を持っています。ビーグルやバセット・ハウンドなどがその特徴を持っていますが、これは下を向くと耳が鼻の横まで垂れてにおいを集めやすくするためと言われています。重量のある長い垂れ耳が外部の音を遮断し、嗅覚に集中できるという話もあるようです。

嗅覚を利用して本能を刺激する遊びを

「くんくんゲーム」などと呼ばれる嗅覚を利用した遊びは犬の本能や欲求を満たし、脳を活性化する効果があるとされ、高い人気を集めています。3つの紙コップのうち、1つだけおやつを入れて逆さまにして鼻を使って当てるゲームや、飼い主の使い古しの靴下やタオルのにおいを嗅がせてから隠して探し出すゲームなど、家の中でも手軽にできるので、雨でお散歩ができないときなどに、ぜひ行ってください。

犬の優れた嗅覚に関する知識を知ると、いつもそばにいる愛犬にますます愛着が湧いてくるもの。犬たちは、人間では到底かなわない能力の持っているのです。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING