犬の留守番、照明やテレビは付けたままでいい?

犬に留守番を任せたとき、「寂しいかもしれない」と思い、照明やテレビをつけっぱなしにして外出した経験はありませんか? 確かに何か物音が聞こえていた方が、犬が寂しがらないような気もします。“つけっぱなし”が適切なのか犬の気持ちと生活の観点から探っていきましょう。

留守番の時間中テレビと照明はつけてもいい

愛犬が留守番をしているとき、怖がったり寂しがったりしないようにと照明をつけておきたいと考える人もいるかもしれません。果たして留守番中照明やテレビ、ラジオなどをつけたままにしてもいいのでしょうか?

留守番時の環境は、「愛犬がいつもどのような状態で毎日を過ごしているか」を考え用意しなければなりません。犬は留守番をしているとき「いつもは明るいのに今日は暗い」「いつもは何かしら音がするのに今日は無音」といったいつもとは違う雰囲気に不安を感じやすいものです。なるべく犬が慣れている空間で留守番をさせるようにしましょう。つまりテレビと照明をつけっぱなしにすることは、そう大きな問題ではありません。

犬はもともと暗い時間に活動していたため、暗闇でもしっかりと目が見えています。そのため留守番中はむやみやたらに明るくする必要もありません。

生活パターンに“留守番の時間”を組み込む

留守番慣れしていない犬も多い中、どうやったら留守番ができる犬になるのでしょうか?

毎日留守番の時間をつくると、犬は“留守番がある生活”に慣れていきます。そして留守番は“犬が一人になる時間”ですが、それを満喫する犬もいるようです。しかし留守番が当たり前になっていないときに飼い主の帰宅時間がいつもより遅いと犬は不安を感じてしまうそうで、留守番中のストレスが原因でいたずらや粗相をしたり、自分を傷付ける行動を取ったりするケースもあるとのこと。

最初は留守番の時間を短くし、少しずつ長くしていくようにしましょう。

ちなみに四六時中飼い主と一緒に過ごしていた犬に突然、留守番をさせてしまうのは禁物です。いきなり家に一人にさせられたことで、寂しさや不安を感じ留守番の時間中、泣きわめいてしまう場合もあります。

留守番は寂しい。そう思わせないために飼い主ができること

一人きりの留守番の時間に慣れてもらうには、なるべく寂しい気持ちにならないようにしなくてはいけません。そのためには犬が家にやって来たときから意図的に一人になる時間をつくり、留守番に慣れさせることが重要です。留守番ができるように独り立ちさせることも愛情の一つ。かわいいからといってずっと愛犬とべったりするのは控えましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING