【獣医師監修】ペットショップとブリーダーどっちがおすすめ?犬を初めて購入する時の注意点!

犬や猫を飼いたいと思ったときに、「ペットショップから購入した方がいいのか?」「ブリーダーから購入した方がいいのか?」迷ってしまいますよね。特に初めて犬を飼うのであれば、なおさらではないでしょうか?「ペットショップかブリーダーか?」今回は、この2つの選択肢について考えてみます。

【獣医師監修】ペットショップとブリーダーどっちがおすすめ?犬を初めて購入する時の注意点!
出典 : iStock.com/MilosBataveljic

「ペットショップ」で購入する場合【メリット】【特徴】【注意点!】

「ペットショップ」で購入する場合【メリット】【特徴】【注意点!】

sasakura_yoshimichi / PIXTA(ピクスタ)

多くのペットショップ(ホームセンターなど)は色々な犬種のブリーダーと契約し、それらのブリーダーから子犬を仕入れ、店頭で販売しています。

●ペットショップのメリットや特徴!

ペットショップのメリットや特徴!

iStock.com/Alena Kravchenko

店頭で直接子犬を見たり触ったりできる

一度にいろいろな犬種を見ることができる

生命保証などが付く(大手のペットショップ)

顧客の希望する犬種を全国規模で探してくれる(全国展開しているペットショップ)

犬を飼うときに必要なケージやドッグフード、ペットシーツなども一度に買い揃えられる


例えば、「今すぐ一緒に暮らしたい!」というような方であれば、すぐに連れて帰ることができるペットショップはとても便利です。

子犬をペットショップで買う

blanche / PIXTA(ピクスタ)

ただ、「ペットショップで一目ぼれをした」という話もよく聞きますが、できればその日はグッとこらえて帰宅し、一日ゆっくり考えてから決断することをおすすめします。

これから、10年から15年(とても長生きだと20年近く)の付き合いになりますので、冷静さも大切です。

「ブリーダー」で購入する場合【メリット】【特徴】【注意点!】

「ブリーダー」で購入する場合【メリット】【特徴】【注意点!】

iStock.com/SolStock

一口にブリーダーといっても、犬や猫の人気の品種をたくさん育てているところから、1~数種の品種しかブリーディングしていないところまで様々です。

特定の品種にだけ特化しているブリーダーさんには、その品種特有の遺伝性疾患のことなどにも詳しく、強く健康な子を育てようとされている方が多いようです。

価値のある血統の直子ですので値段は高額になりますが、その品種の良さや特徴が生き生きと伝わる子犬や子猫に多く出会えるようです。

●ブリーダーのメリットや特徴!

ブリーダーのメリットや特徴!

iStock.com/jarun011

犬舎を見学することができる

子犬が生まれ育った環境を実際に見られる

子犬の親犬や叔父、叔母などと会うことができる


ブリーダーから購入する場合、子犬の親犬や叔父、叔母などと会うことで、成長したときの大きさや性格などの推測ができるので、数年後の成長イメージが描けます。

ブリーダーから子犬を飼う

Mikkel Bigandt- stock.adobe.com

また、親を見て気に入った場合に「この親が妊娠したらその子供をもらう」という楽しみもあります。

ただ、ペットショップのようにいつでも子犬や子猫がいるわけではありません。

「ペットショップ」・「ブリーダー」【比較】

「ペットショップ」・「ブリーダー」【比較】

K. Thalhofer- stock.adobe.com

犬や猫を購入する際、ペットショップもブリーダーもそれぞれに良い点があります。

犬や猫の飼育したい品種が「決まっているか?」「決まっていないか?」などによっても訪れる先は異なるでしょう。

また、飼う人が、「良質なペットショップ」「良質なブリーダー」を見極めることも非常に大切です。

ペットショップの子犬

iStock.com/undefined undefined

・扱っている犬や猫のことをよく理解しているか?

・どのような環境下で育てられているか?

・いろんな質問に真摯に答えてくれるか?

なども購入時の重要な判断基準になります。

「ペットショップ」・「ブリーダー」【まとめ】

「ペットショップ」・「ブリーダー」【まとめ】

iStock.com/vaxter

犬や猫を購入する際に、「ペットショップ」と「ブリーダー」どちらの選択肢を選ぶにせよ、命を預かることに変わりありません。

「ペットショップ」「ブリーダー」共に、販売者からしっかりと説明を受け、質問し、十分に納得してから購入することが大切です。

保護施設から子犬を飼う

nowha / PIXTA(ピクスタ)

また、保護施設などから譲り受けるという選択肢もあります。

その際は、「地方自治体の動物保護センター」や「保健所」などに収容されている動物についての情報を検索してみてください。

【獣医師監修】犬は何歳まで生きる?犬の寿命は小型犬と大型犬、大きさと犬種で変わる!?

【獣医師監修】犬が泣くのは悲しいから!?犬の涙に隠された意外な事実!泣く理由と原因は?

【獣医師監修】なぜ、犬は人の顔を舐めるのか?犬があなたの顔を舐める4つの理由!

みんなのコメント

サクラ咲いたら一年生さん
娘が小学生になったのを機に、犬を飼おうと話していたので興味深く読みました。 ペットショップとブリーダー、それぞれの特徴がよく分かりました。 家族でちゃんと話して、新しい家族を迎え入れたいと思います。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING