犬がご飯を隠そうとする、あの不思議な行動に隠された理由とは?

犬がご飯を隠す行動は、いつ見てもとても不思議な光景。ついつい「別にご飯は取らないよ」と言いたくなってしまいますが、その行動にはちゃんとした理由があることを知っていますか? なぜ愛犬がご飯を隠すのかその謎を明らかにします。

ご飯を取られるわけでもないのに、なぜ隠す?

「部屋の隅の見えにくい場所やソファーの隙間から犬のご飯やおやつが出てきた」

犬を飼っている人であれば一度はこのような経験があるのではないでしょうか? 飼い主は犬のご飯を取ったりはしません。ではなぜ犬は隠すのでしょうか?

犬は野生時代の名残で食べ物に近付く者には強い警戒心を持ちます。野生時代はいつでもご飯を食べられるわけではないので一度狩りで獲物を得ると、食べきれない分は穴を掘って隠し、取られないようにしていました。

こういった習性があるため、犬は食べ物を隠す行動を取ります。ご飯を隠すのは元々持っている本能なのです。

食べ物以外のものを隠すことも……

野生時代と違い、現在人間に飼われている犬は黙っていてもご飯が出てきます。また出されたご飯が食べきれなかったとしても、次回のご飯はきちんと提供されるため、あらためて隠す必要はありません。しかしご飯を隠す必要がなくなったとしても習性は残っています。その習性がご飯の代わりに気に入ったものを隠す行動の理由です。

犬の大好きなぬいぐるみやスリッパが見当たらない。こんなことありませんか? そういったときはケージの中やソファーの隙間を見てください。そこに隠してあるかもしれません。

犬がご飯を隠す行動、止めさせるべき?

室外で飼っている場合はまだよいのですが、室内犬の場合家の中にご飯を隠すことは不衛生なので止めさせましょう。止めさせるにはまず適量のご飯をあげることから始めます。ご飯を残さなければ隠すこともできません。

またいつまでもだらだらと食べさせないで、一定の時間が経過したらご飯をしまうことも大切。メリハリのあるご飯の時間にしましょう。

隠す行為を禁止すると、ストレスになるかも?

先ほど説明した通り、犬がご飯を隠す行為は野生時代から引き継がれている本能によるもの。ご飯やものを隠されることで飼い主が困るのはわかりますが、きつく叱るなどして隠す行動の全てを禁止すると犬もストレスが溜まってしまいます。ご飯以外のものであれば大目に見てあげましょう。

ご飯やものを隠す前兆を見逃さない

室外で犬を飼っている場合は庭に穴を掘る行為がわかりやすいですが、室内の場合ソファやベッド寝具などを前足でかいているときが、何かを隠す“前触れ”です。 きっと穴を掘っているつもりなのでしょう。

いかがでしたか? 時代の変化と共にご飯やお気に入りのおもちゃ、飼い主の持ち物など、隠す対象は変わってきましたが、隠す行動は犬が本来持っている習性に変わりありません。加えて犬がものを隠している姿はかわいいので、強くとがめ立てはせず「今日も何か隠しているなあ~」くらいの気持ちで見守ってあげてくださいね。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING