一日の大半を寝て過ごす。犬の睡眠時間が長い理由

「うちの犬は寝てばかり」。そう感じたことがある飼い主は、多いはず。自分の犬だけ睡眠時間が長いのか、そもそも犬の平均の睡眠時間はどのくらいなのか、気になりますよね。犬の平均の睡眠時間は12時間。人間に比べてだいぶ長いのですが、この長さにはある理由があったのです。

人間よりも長い! 犬は一日の半分が睡眠時間

人間よりも長い! 犬は一日の半分が睡眠時間

犬の平均睡眠時間は、おおよそ12時間。これは子犬と成犬の平均で、老犬は約18時間といわれています。

遊びたいときに犬がずっと寝ていたらついつい起こしたり、あまりにも睡眠時間が長過ぎて「病気かも?」と思って心配になったりしたことはありませんか? 12時間~18時間も寝ているのですから、当たり前、なのです。犬の健康のためにも長い時間睡眠を取らせて、ゆっくり休ませてあげましょう。

長い睡眠時間は、野性時代の名残りだった

長い睡眠時間は、野性時代の名残りだった

ではなぜ、犬は長い睡眠時間を取るのでしょうか? それは、まだ犬が野性だった時代、狩り以外の時間を睡眠時間に充てて体力を温存していた習性が残っているからです。

犬は、ちょっとした物音で目覚めることが多くあります。理由は、犬の睡眠はノンレム睡眠が平均して全体の8割を占めており、ほとんどの時間、浅い眠りで“うとうと”しているから。犬の場合、深い睡眠であるレム睡眠の時間は平均でもわずか約2割しかありません。

レム睡眠のときは両脚を伸ばしたり仰向けになったりしています。犬がとてもリラックスしている状態なので、そんな光景を見たときは、ぐっすり眠らせてあげましょう。ちなみに、犬が寝ているとき、顎を地面に付けていますが、これにも理由があります。顎の骨伝導により、睡眠時間中でも地面を歩いて近付く敵の足音を敏感にキャッチできるからです。

犬が安心して睡眠時間を取るために、あなたができること

犬が安心して睡眠時間を取るために、あなたができること

犬が眠るときに飼い主ができる気配りとして、なるべく静かで長い睡眠時間を取れるような環境づくりが挙げられます。こういった飼い主の気遣いによって犬は長くて深いレム睡眠の時間が確保でき、長い時間、心身共に安らぐことができます。睡眠を取っている犬をなるべく刺激しないような静かなスペースを用意してあげましょう。

犬の睡眠時間にも重要な、あなたと犬のパートナーシップ

犬が安心して睡眠時間を取るために、あなたができること

飼い主とのパートナーシップも、犬の睡眠時間にとっては重要になってきます。

犬が飼い主であるあなたをリーダーとして認め、強い信頼関係ができると外敵への警戒を緩め、安心して睡眠時間をとることができます。このように飼い主の配慮によって犬は長い睡眠時間をとることができ、精神的にも安定するようになります。

明るくて元気で愛らしい本来の姿を守るために、飼い主であるあなたの気遣いが犬の睡眠時間確保に必要です。犬が人間と暮らすようになってから長い時間が経過していますが、このように野性時代の名残りも残っています。犬の習性をきちんと理解して長い睡眠時間をとれるようにしてあげて上手に付き合っていくようにしたいですね。

みんなのコメント

リコちゃんママさん
寝てる姿 は可愛いです。寝息イビキもかきます。何をしても可愛い

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING