今日からでも遅くない!口がにおう愛犬にしてあげられる口臭対策

犬を飼う人の悩みの中でも常にトップに入るのが、口臭問題です。愛犬になめられるのはうれしいけれど、口がくさくてちょっととためらう人もいるかもしれません。犬の口がくさいのには理由があります。

犬の口が臭いのは、なぜ?

犬の口臭は、「動物だから当然」ではありません。基本的には何らかの病気の前兆、あるいはすでに発症している病気の症状だといわれています。

犬の口臭の原因の多くは、口腔内の異常や疾患です。最も一般的なのは、口の中に歯垢が溜まっていること。これによって細菌が増殖しやすくなり、口臭につながっています。また、細菌が増殖すれば歯茎に炎症が起き歯肉炎にもなり、この歯肉炎が強い口臭の原因となっていることもあります。

歯垢を放置するとやがてそれが歯石となり、歯周病の原因にもなります。歯肉炎も進行すると歯周病につながる怖い病気で、人間と同じく、犬の歯周病も放っておくとやがて歯がぐらつき、最終的には抜け落ちてしまいます。歯がなくなると、硬いものが食べられなくなったり、十分な栄養が取れずに他の病気にかかったりする可能性もあるので、犬の口腔ケアは本当に大切なのです。
※現在、3歳以上の犬の約8割が歯周病にかかっているといわれています。

口臭は内臓疾患の可能性も

歯の汚れだけではなく、胃腸の働きが鈍っていたり肝臓や腎臓の病気にかかったりすると、口臭が発生するケースもあります。内蔵疾患が疑われる場合、すぐ獣医師に相談してください。愛犬の歯をタオルで拭い、そのタオルが臭わなければ、原因は口腔内ではないかもしれません。

飼い主が知っておくべき、犬の口臭対策って?

いずれにしても、犬の口臭が強いと感じたら、一度専門家に相談した方がよいでしょう。病気が原因であれば治療が必要になり、歯石が溜まっていれば歯石除去が必要になるからです。

犬の歯石除去は、犬と獣医師双方の安全のため、犬に麻酔をかける病院が多いです。しかし、犬の体にとって麻酔は大きな負担になりかねず、ときにはリスクも伴うため、年を取った犬や体調の悪い犬などには麻酔をかけられない場合もあります。一方、現在は麻酔なしで歯石除去をしてくれる動物病院やペットサロンもあるので、問い合わせてみるとよいでしょう。

小型犬は口が小さく、一つ一つの歯の隙間が狭いため、歯垢が溜まりやすい傾向にあります。また、犬も歳を取ると唾液の分泌が減少するので口内に汚れが残りやすくなり、これが歯垢や口臭の原因になることが多くあります。

今日からできる! 愛犬のデンタルケア

歯周病で愛犬が不快な思いをしたり、歯石除去で愛犬の体に負担をかけたりしなくて済むように、まずは毎日のケアを大切にしましょう。まずは、気楽に「できること」から始めます。例えば、2日に1度口の中を拭く、週1回は歯ブラシで磨く、飲み水にマウスクリーナーを入れる、サプリメントを利用してみる……など、いろいろな手法があるはずです。これらの手法を組み合わせながら、月に1度はペットサロンでケアしてもらうといったやり方を実践すれば、十分な効果が見込めるでしょう。歯磨きガムやおもちゃを与えたり、デンタルケアに特化した餌を試してみたりするのもおすすめです。

体中で愛情を示してくれる犬は、本当にかわいい動物。そんな愛犬に顔をなめられるのをためらわなくてもいいよう、また、将来愛犬が口腔内の病気やそれに付随する病気に悩まされなくても済むように、元気なうちからデンタルケアを心掛けたいものですね。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING