留守番を長時間頑張れる犬にする秘訣

あなたの愛犬は、留守番を上手できますか? 留守番をしている間、愛犬が寂しがっていないか、いたずらしていないか、飼い主として心配になるもの。今回は少しでも長い時間、いい子にお留守番ができるようになるための工夫とそのコツをご紹介します。これで明日から、お留守番マスター!?

留守番できる犬、留守番できない犬

留守番できる犬、留守番できない犬

飼い主がいなくても鳴いたりいたずらしたりせずに長時間いい子にして留守番できる犬と、短い時間でも鳴き続けたり散らかしたり粗相をしたりしてきちんと留守番ができない犬がいます。

なぜ、同じ留守番で、このような違いが起きるのでしょうか? 犬種? 血筋? 確かに、それらも少しは影響するかもしれませんが、どんな犬種どんな血筋でも一番大きな影響を与えるのは、留守番についての飼い主のしつけ方です。

犬が長い時間の留守番できない原因は、飼い主にあった

犬が長い時間の留守番できない原因は、飼い主にあった

きちんとしたしつけをすれば、どんな犬でも上手に長い時間でも留守番ができるようになります。

長時間留守番できるようにするには、犬を迎えてから家の環境に慣れてくる段階で留守番にも慣れさせることが、重要なポイントです。寂しがっているからといって四六時中一緒に過ごしていると、犬が大きくなってからも誰かと一緒にいたい癖が付いてしまいます。その結果どうなるかというと一人でいることに不安を感じ、寂しくて泣き続けてしまう犬になりやすくなります。これでは当然留守番は苦手になるでしょう。

一度寂しがる癖が付いてしまうと、留守番を覚えさせるのに苦労します。家の環境に慣れてくる段階で意図的に犬が一人でいる時間をつくりましょう。すると犬は「飼い主はたまにいなくなるけれど、何時間かたてば帰ってくるもの」と覚え、留守番に慣れてきます。

飼い主が帰ってくることがわかり、犬が留守番に慣れると、長い時間でも上手に留守番ができるようになっています。留守番は幼犬のときから回数をこなして慣れさせることが大切です。

留守番の時間が長いときに気を付けたいこと

留守番の時間が長いときに気を付けたいこと

留守番を長い時間させる際に気を付けなければならないのが、水と空調です。

水は必ず切らさないよう、留守番の時間によっては給水器を数本用意するなどしてください。器がひっくり返っても大丈夫なように、予備を置いておく必要もあります。そして、夏場と冬場に気を付けたいのが空調です。仮に留守番の時間が短くてもエアコンの設定に注意し、犬が常に快適だと感じる温度に設定しましょう。いつもよりも長い時間、留守番をさせる場合は「自動給餌器」を使用してご飯を与える、もしくはお出かけ前に少し多めのご飯を与えてください。

犬は自分で水や空調、餌の調整ができません。留守番の際はそれらの準備をしっかりと行ってください。

それでもやっぱり留守番は犬にとって寂しいもの

それでもやっぱり留守番は犬にとって寂しいもの

犬は飼い主の生活パターンを覚えているもの。飼い主の帰宅時間が遅くなれば、いくら留守番に慣れているといっても犬も寂しくなってしまいす。いつもより長い時間の留守番が続けば、よりその気持ちは強くなるでしょう。

いつも一人で留守番をしている犬には、休日に時間を取って外に連れ出してあげるのもよいかもしれません。いつも一人にしている分、思いっきり遊んで寂しかった気持ちの埋め合わせをしてあげてくださいね。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING