犬を飼う前に!犬を家族に迎えるときに考えてほしい3つのこと

「犬を飼う」ことは必ずしも良いことだけではありません。犬を飼う前に、「犬と暮らす」とは、どういうことなのかを想像して、家族として犬を育てていけるか考えてみましょう。

【犬を飼う前に考えるべきこと】その①~犬がいる生活

犬は目安として10年以上生きる生き物です。

10年というのは人間にとっても短くありません。

犬を飼い始めると、簡単には長期間の旅行に行けなくなります。

引っ越しもペット可の物件以外には越せなくなります。

暑くても寒くても、毎日犬を散歩に連れていかなければなりません。

犬の抜けた毛は部屋中に散らばります。

飼い主の大切なものを壊されることだってあります。

犬を飼うということは、これが10年以上続くということです。

10年以上こんな日々が続くということ、しっかりと想像できていますか?

【犬を飼う前に考えるべきこと】その②~犬との関係

犬は従順に何でも言うことを聞いてくれる。

果たしてそうでしょうか?

犬にも感情はあります。

「飼い主の言うことを聞く」のは、犬が「やろうと思っている」だけです。

犬の従順さは、飼い主との信頼関係の上に成り立っています。

犬は、ゲームのキャラクターのように「命令すれば何でも言うことを聞く」というわけではありません。

飼い主の言うことを聞かないことだって多々あります。

犬があなたの思い通りにはならないということ、覚悟できていますか?

【犬を飼う前に考えるべきこと】その③~犬にかかるお金

犬を飼うときに必要なのは毎日のフード代だけではありません。

毛の長い犬はトリミングに連れていく必要もあるでしょう。

何日も家を留守にするときは、ペットホテルに預けなければいけません。

けがや病気のときには、人間の何倍もの医療費がかかることもあります。

家の家具などを壊されて修理することもあるかもしれません。

あなたは、犬のためだと思って、気持ちよくお金を出すことができますか?

犬がくれる幸せな生活

赤ちゃんが生まれたとき、誰もがこの3つについて考えるはずです。

子どもは簡単には手放せないし、言うことだってきかない、お金もかかる。

でも、その代わり、たくさんの幸せを与えてくれます。

犬も同じです。

大変な手間がかかるけれど、たくさんの幸せを運んでくれます。

しかし、「手間」を忘れて犬を飼ってしまう人が時折いるのが事実です。

犬を飼う前に、この3つについて、家族でよく考えてください。

そうすればきっと、幸せな犬との生活が待っているはずです。

みんなのコメント

るっちゃんさん
私は、ずっと家族に犬が飼いたいと説得していたのですがこの大切な3つを見てもう一度考えてみる事にします!
りおっぺさん
私は、小4ですが、将来、ティーカッププードルを飼おうとしていて、親に、世話をする人が、いないと言われて、納得が、いきませんでした。 ですが、この記事を見て、なんとなく納得が、行きました。
花みさん
今まさに悩んでます。昔から大型犬が飼いたいと思っていました。せっかくのチャンスですが、目の前に居る犬を見て迷いがあるのは…やめろと言うことなのでしょうか?
きらさん
最期まで面倒を見られるか、その覚悟は必ず必要。 早くに病気になっても、将来ボケてしまっても、愛せますか? 我が家では、14歳の柴犬が痴呆になり介護真っ最中です。ですが、この子に出会えて私達は本当に幸せで、飼った事を後悔をした事は一度もありません。
すずさん
現在1歳8ヶ月のプードルを飼っています 毎月の美容室代・食べるタイプの予防接種代・余り食べない子なのでフードも良いものを色々試して・・・などピアノなどを習わしている子ども並にお金はかかります(大体月2万円あれば充分です。毎月旅行に行く場合はプラス旅行日プラス2日の日数に3,000円程掛けた金額を追加したください) でも全く惜しくありません!可愛くて可愛くて散歩も大変ですが自分の運動にもなります♡ 1日2回目の歯磨き・1回のブラッシング・室内でのボール遊び☺︎手間もかかります。子供と一緒です 最初は子供が欲しがり飼いました しかし子供は習い事など何だかんだで余り世話はしません!たまにフードをあげる、ウンチを片付ける、週末の散歩くらいです それでも子供の成長に繋がったと思ってます 最近はプードルちゃんの洋服を作りました 下の子は自分の物を片付けられない子で、発達も遅れていますがプードルちゃんが大事なおもちゃを壊してもたまに噛まれても怒らず寝る時は寄り添って寝ています 意外な一面を知り嬉しく思ってます 介護は覚悟していますが居なくなる事が考えられないので怖いです 犬は沢山の幸せを家族にくれます 夫との散歩も増えました ただ片手間では絶対に育てられません 大事に育ててください
ひなたさん
2年前に14年飼っていた愛犬を亡くしました。上の3点以外に亡くした時の辛さを覚悟する事も必要かなと思いました。人間より早く年取りますし…。もう二度とあんな気持ち味わいたくないと思ってましたけど…一緒に生きる幸せをもう一度味わいたくなり迷ってる最中です。
くまごろうさん
2018Sepに愛犬の黒ラブとお別れしました。あと二ヶ月で14歳のところでした。いろいろな楽しくまた、大変な思い出をもらいました(具体的には、一緒に小旅行に行ったり、雨の中でも散歩をしなくてはならないなど)。最後は、悪性腫瘍で6週間の介護でした。 家内が1階で一緒に寝て、おむつでの排泄でしたが、汚れると風呂場でシャワーをしました。 ぐたぁーとした23Kgは結構移動に大変でした。 最後は、抱っこした手の中で息を引き取ったのですが、涙枯れるまで泣きました。 さきの ひなたさん の言われるように、犬を家族として迎え入れることは、いづれは、家族を失うことでもあります。 最後まで面倒を見る(できるだけ家族で)という覚悟は必要です。 でも、今思うに彼は、それ以上の思い出を残していってくれた家族だと思っています。 新しく家族として迎えられる方は、それなりの覚悟が必要と思います。
かなさん
1年半前に愛犬を亡くしました。15歳になる前日でした。体調を崩してからの3ヶ月間なんとしてでも散歩できるまで回復してもらいたく、病院の先生と相談しながら介護を続けましたが、今思えばそのやり方は正解だったのか分からず後悔が残るばかり。最期は家族で看取ることは出来ましたが、とにかく苦しんで亡くなったのでかわいそうでかわいそうで…後悔し、今でも涙がでます。しかし、たくさんの幸せと愛と楽しさをくれました。たくさんの思い出は宝物です。 彼に出会ったこと、一緒に過ごしたことに後悔は一切ありません! 犬は同じいきものです。誤飲、怪我、病気、アレルギー等々、人間以上に心配することヒヤッとすることあります。喋れるわけではないので、常に気を配らないと命にかかわることたくさんあります。私は今はあんな思いはしたくないと、怖くてまた一緒に過ごすことは考えられませんが、どうか楽しいこともあれば辛いこと大変なこともあるんだと理解し家族として迎えてください。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING