なぜ、自分のベッドで寝ないのか?愛犬が飼い主と一緒に寝ようとする理由とその問題点

犬を飼った人であれば、一度は人間の布団にもぞもぞと入ろうとしている愛犬の姿を見たことがあるでしょう。自分のベッドがあるのに、なぜ、わざわざ人間の寝床に入ろうとするのでしょうか? それには5つのある理由があったのです。

犬が飼い主の布団で寝たがる、5つの理由

犬が飼い主の布団で寝たがる、5つの理由

①快眠できる場所で眠りたい

「ふかふかして暖かく、快適な場所で眠りたい」という気持ちは、犬も人間も同じ。犬は、室外であれば芝生や土の上などのやわらかい場所で眠る傾向がありますが、室内では布団が一番眠りやすい場所のようです。

②飼い主のにおいが付いている

犬にとって飼い主のにおいは、最も安心できる、落ち着く香り。その香りをかぎながら安心してぐっすり眠りたい……といった思いがあるのかもしれません。

③飼い主と一緒にいたい

元々群れで生活していた犬は、眠るときも誰かと一緒にいたいと思うそうです。その誰かが最愛の飼い主であれば、犬にとってこの上ない幸せでしょう。

④一人で寝るのが寂しい

犬が寂しい気持ちのとき、飼い主の布団に入ってくることがあります。犬にとって飼い主は、親同然。人間と同じく、心細いときには誰かと一緒にいて、ぬくもりを感じたいのかもしれません。

⑤飼い主にかまってもらいたい

寝ているとき、布団の中に“何か”が入ってきたら人間は誰しも何らかのリアクションを取るもの。そんな行動を予測して? 犬は大好きな飼い主が反応することを期待しつつ、おかまいなしに入ってくるのでしょう。

一緒に寝ることの問題点

犬と一緒に寝るのは多くの飼い主にとって幸せなことかもしれません。しかし、いくつかの問題点があることも事前に把握しておきましょう。

・犬が人間の布団に対して縄張り意識を持つ
・犬が人間を同じ立場だと勘違いし、主従関係がうまくいかなくなる
・犬が持っているノミやダニが原因で、アレルギーになる可能性がある
・犬が持っている病原菌に感染するおそれがある
・動物病院やペットホテルで眠れなくなる


最後の「動物病院やペットホテルで眠れなくなる」。例えば、飼い主が旅行に行ったり入院したりして、どうしても外部に預けなくてはいけない日もあるかもしれません。その際、愛犬が「飼い主と一緒じゃないと、眠れない……」といった心境になって不眠になるのは避けましょう、ということです。

上記のリスクが必ずしも顕在化するとは限りませんが、飼い主であれば覚えておく必要があります。特に、犬が子どもや年配の人と一緒に寝るときは、病気のリスクについて十分に認知しておく必要があります。

昼寝であれば、一緒に寝ても大丈夫

昼寝であれば、一緒に寝ても大丈夫

「犬と一緒に寝るのは、NG」と書かれている犬のしつけ本が多くありますが、先ほどのリスクを正しく理解し、犬をしつけられるのであれば、昼寝くらいは許容範囲なのかもしれません。ただし、人間の寝る場所のそばに犬の寝床を作るなどの対策は行い、犬が自立して一人で寝れるようになる環境は、あらかじめ整えておきましょう。

犬の個性は、十“犬”十色。人間と一緒に眠ることが良い影響を与える場合もあればその逆もあるので、自分の愛犬の気質や性格をよく考え、一緒に寝るかどうかを判断するようにしてください。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING