ベッドで糞や尿をしないために。上手な排泄を覚えさせる効果的な犬のしつけ方法

犬がベッドに糞や尿をしてしまい、呆然としてどうしていいのかわからず、とりあえず犬を怒ってしまう……。犬を飼い始めてしばらくは、そんな日々を送ることになるかもしれません。もし、犬のベッドでの排泄が止まらないのであれば、今回ご紹介する「上手に排泄をするしつけ方」を実践してみてください。

犬が「どこでも自分のハウス」と考えているから、どこにでも糞や尿をする

幼犬であっても成犬であっても、ペットシーツに糞や尿ができずに犬が自分のベッドで粗相をしてしまう場合、排泄のしつけを一からやり直すことを考えましょう。

お部屋で放し飼いにしている場合、犬の認識は「どこでも自分のハウス」なので、排泄場所も自分で決めています。飼い主が「自分のベッドなのに、なぜ寝床に糞や尿をするの?」と思っていても、犬にとってベッドがすでに排泄場所になってしまっているので、「悪いことをしている」という思いはないのです。

とはいえ、放置はできません。まず、もったいないと思うかもしれませんが、糞や尿のにおいが付いてるベッドを思い切って捨てましょう。「ベッド=排泄場所」という犬の認識を断ち切るためです。そして、犬がベッドで排泄してしまったタイミングを思い出しましょう。いつでしたか? おそらく寝起きではなく、食事の後、少したってからのタイミングが多いのではないでしょうか? 食事の後に犬がくるくる回ったり、妙に床のにおいを嗅ぎ出したりしたら、それがトイレのサインです。

上手に排泄をするための、しつけ方法

まずサークルを用意して、犬のハウスを端っこに置き、残りのスペース全体にペットシーツを敷き詰めておきます。このとき、これまで同様のやわらかいベッドでは、NG。犬が再び「ここはおしっこをする場所だったよなあ」と勘違いをしてしまいますので、プラスティック製のハウスが最適です。

次に、ハウスのすぐ横で食事を与えます。その後、必ず排泄のタイミングがやって来るので、ペットシーツを指さして「ワンツー」など、排泄の単語を優しく言い続けます。成功した際、「ワンツー、上手にできたね~! いい子、いい子」と犬の毛流に沿って体をなでるのも効果的です。毛流に沿ってなでる行為は「それでいいんだよ」という飼い主からの指示(ボディーランゲージ)になるのです。

これらの準備・行動を繰り返し実践しながら、しつけの経過とその結果を見つつ、ハウスに近い方から徐々にペットシーツを外していきましょう。最後は反対角に残った1枚のシーツに排泄できるようになるはずです。

犬のベッドは飼い主の側に置く

犬のトイレトレーニングに成功したら、ベッドを新しく用意してあげましょう。ただし、ベッドの置き場所には注意が必要です。飼い主から見えない場所にはベッドを置かずに、飼い主が普段過ごしているすぐ近くにベッドを置いてください。犬は「サークルはトイレと食事をする場所で、ベッドは飼い主さんと一緒にくつろぐ場所」と認識します。

ベッドに犬がおとなしく寝ているときは、優しく毛流に沿ってなでて、犬自身に「ベッドは居心地がとても良い」ことを体感させてください。飼い主から「ベッドに寝ることはいいことだよ」という指示も出せます。

ベッドをきれいに保つには、Tシャツが役に立つ

ベッドを洗うのは、それなりに大変です。そんなときは、ベッドの上に布のカバーや大きめのTシャツをぐるっとかぶせてみてください。カバー(Tシャツ)だけ外せば頻繁に洗濯ができますし、においも残りません。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING