知ってびっくり!犬がトイレの後に後ろ足で地面を蹴る意外な理由

愛犬がトイレの後に後ろ足で土を蹴り上げるようなしぐさを見たことはありませんか? 猫はトイレ後、においを消すために砂をかけるしぐさをします。犬も猫と同様においを消すために蹴り上げているのでしょうか?

土を蹴るしぐさの理由は、“マーキング”だった

犬がおしっこをいろいろな場所にかけていく行動“マーキング”。実はうんちもマーキングに利用しています。トイレの後に後ろ足で「ざっざっ」と勢いよく土を蹴り上げるしぐさは、うんちを土で隠そうとしているわけではないのです。

犬の肉球の間から分泌されるにおいを地面に擦り付け、排泄物と一緒に自分のにおいを拡散しているといわれています。土のある所だけではなく、アスファルトやコンクリートの上でも蹴るしぐさをしている犬を見掛ける機会があるのはこの理由からです。

猫との違い

猫はトイレ時、外敵に自分の存在を知られないよう、砂をかけて隠しているといわれています。猫も縄張りを主張することがあるようですが、犬の縄張りを主張する行動とは違い、無用な争いを避けるために、自分の排泄物を隠す行動を取るようです。室内で飼育されている猫よりも、地域で飼われている野良猫の方が、この行動は顕著かもしれません。

後ろ足で土を蹴るしぐさを全ての犬がするわけではない

トイレ後の蹴る仕草ですがどうやら全ての犬が取る行動ではないようです。

この行動は、自己顕示欲が強く縄張り意識の高い犬が行う確率が高いといわれており、女の子よりも男の子、そして去勢している犬よりも未去勢の犬に多く見られます。そういう犬はたいていの場合、お散歩中もおしっこをいろいろな場所にかけてマーキングをします。もちろん女の子でもマーキングを行う犬はいます。どうやら避妊をしている・していないにかかわらず、気が強い女の子に多いようです。反対に日頃からおとなしく縄張り意識があまりない犬はほとんどマーキングをしないので、トイレ後に後ろ足で土を蹴るというしぐさはあまり見られません。

他人に迷惑をかけるときは止めさせよう

土を蹴るしぐさはマーキングの一種であり、マーキングは犬の本能。それが理解できたので、ほっと一安心といいたいところですが、後ろ足で土や砂・草などを蹴り飛ばした際、通行人に迷惑を掛けてしまうのは避けなければいけません。

このような場合は、飼い主がトイレ後にすぐ排泄物の処理をしその場から離れましょう。排泄物の処理に時間が掛かる場合は、いったん「おすわり」させるなどして、蹴る行動ができないようにする方法もあります。上手に待っていられたら「トイレの片付け終わったよ、お利口だったね」などと必ず褒めてあげてくださいね。

みんなのコメント

悟空さん
後ろ足で蹴るのはいいのですが 肉牛に擦り傷が見られます そんなときはどうすればいいのでしょうか?
ぴっころさん
うちの子(3歳♂)もよく肉球を噛んでいて、赤いのが気になり 病院へ連れて行ったら指間炎になってました。 ご心配なときは、まずはお医者さまへご相談するのがいいかもしれません!
悟空さん
有り難う御座いました。
kiyoさん
うちは女の子のトイプードルですが、外でも家の中でも蹴っています。気が強い女の子が多いと知り、びっくりです。よそへ行くと結構ビビってしっぽを引っ込めているので気が弱いと思ってました。とても参考になりました。
MASAさん
2匹(♂)を散歩に連れて行くと互いにマーキングを重ねるので大変です。 しかた無いのかな?

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING