犬が噛むのをやめさせたい!噛み癖を上手に直せる4つのしつけ方

犬の「噛む」行為に頭を悩ませている飼い主は多いと思います。噛む(噛まれる)リスクはとても高いため、必須のしつけです。どんな犬でも噛むことを「絶対にだめ」と教えなければ、噛み癖は直りません。それでは、どのようにしつければ、噛み癖が直るのでしょうか?

犬の噛み癖を直すしつけ方法その①~子犬に主従関係を分からせる

犬の噛み癖を直すしつけ方法その①~子犬に主従関係を分からせる

子犬のときのしつけで大切なのは、主従関係をしっかりと分からせること。

しつけ前の子犬は遊びで甘噛みをしてきますが、ここでしつけをしっかりしないと、成犬になったときに本気で噛むようになってしまいます。

甘噛みする子犬には「だめ!」と注意をして、噛まないようにしつけをしながら、飼い主との主従関係を明確にしていきましょう。

犬の噛み癖を直すしつけ方法その②~絶対、感情的に怒らない

犬の噛み癖を直すしつけ方法その②~絶対、感情的に怒らない

噛まないようにしつけをする際、飼い主が感情的になるのは逆効果です。

怒鳴ったり声を荒げたりするしつけは犬の感情を逆撫でしてしまうので、「噛むこと=悪いこと」だと伝わりません。

本気で噛むことを止めさせるためには、飼い主のしつけに対する毅然(きぜん)とした姿勢が大切です。

感情的なしつけは、噛み癖を悪化させます。冷静沈着なしつけの姿勢を見せ続けましょう。

犬の噛み癖を直すしつけ方法その③~必要以上に“ちやほや”しない

犬の噛み癖を直すしつけ方法その③~必要以上に“ちやほや”しない

噛み癖に限らず、しつけができていない犬の原因は、飼い主の甘やかしです。

しつけ全般にいえることですが、しつけをする際、“犬のご機嫌取り”は止めましょう。

しつけに対する犬の姿勢が、“なあなあ”になってしまいます。

犬の噛み癖を本気で止めさせたいのであれば、犬をちやほやせず顔色をうかがわない態度でしつけをしましょう。

犬の噛み癖を直すしつけ方法その④~犬の全ての行動を飼い主がリードする

犬の噛み癖を直すしつけ方法その④~犬の全ての行動を飼い主がリードする

犬の噛み癖の原因は、しつけ不足による甘やかしと主従関係の乱れです。

ある程度大きくなった犬をしつける際には、飼い主が「犬の全ての行動をリードするしつけ方法」を用いましょう。

それは、「待て」「おすわり」などの指示を必ず犬の動きの前に与えること。

散歩でしつけをする際にも必ず飼い主がリードを引き、「待て」「おすわり」の指示を交えながら絶対に犬を前に歩かせないなど、基本的なしつけを一から根気よくやり直します。

噛むことが馴れてしまった犬をしつけるのは、大変なことです。

しかし、甘えを与えず、犬のしつけの基本である「指示を与えてから行動させるしつけ」を繰り返せば主従関係が徐々に出来上がり、やがて噛み癖も消えていくことでしょう。

みんなのコメント

カムカムレモンさん
噛み癖はなかなか直らなくて困っています。 最初は甘噛みなのにだんだん本気になるのでめちゃくちゃ痛いです。 根気よく直していきたい!

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING