愛犬のおならが臭いときに考えられる、4つの原因

あなたは、愛犬のおならを聞いたことがありますか? もし愛犬が臭いおならをした場合、飼い主のあなたは注意深く愛犬を観察する必要があります。なぜなら、犬のおならが臭いときは、病気などをはじめとするさまざまな原因が潜んでいる可能性があるからです。犬のおならが臭い4つの原因について、解説します。

犬も人間みたいにおならをする!

おならが発生するメカニズムは、犬も人間も、同じです。食べ物を食べるときに口から入った空気や、食べたものが腸内で分解され、吸収されるときに発生するガスなどが、おならとなって体外へ排出されます。

また、音を立てるときもあればそうでないときもあります。人間と同じように、生きている以上はおならが出るのは当たり前と考えてよいでしょう。むしろ、「おならの回数が多い」「くさ過ぎる」「いつもと臭いが違う」といった場合に、適切な対処を取ることの方が大切です。

犬のおならが臭いときに考えられる原因は?

犬のおならが臭い原因として考えられるのは、多くの場合、「ドッグフードの影響」か「体調の変化」です。
例えば、ご飯を変えたときなどに臭いおならをするようになる場合があります。ここで考えられるのは、これまで食べていたご飯は体質に合っていたけれども、急に変えたご飯が体質に合っていなかった、ご飯に消化の悪い食材が使われていた……といったことです。

消化不良を起こすと体内に硫化水素が発生し、強烈な臭いが生まれます。これが「臭いおなら」として体外へ放出されるというわけです。また、犬はとてもデリケートな動物。ちょっとした環境の変化でも体調に異常をきたしてしまうことがあり、これによって胃腸の調子が悪くなり、おならが出るようになってしまうのです。
原因のわかっている一時的なおならであれば、サプリメントなどを利用して体調を元に戻してあげるのもよいでしょう。

ストレスや病気の可能性も?

犬が頻繁におならをしてあまりにも臭かったりする場合には、内蔵に異常がある可能性もあります。これには、例えば胃炎や腸炎、すい臓や肝臓、そして胆嚢(たんのう)などの病気が挙げられます。

また、下痢が原因で臭いおならをすることもあります。下痢にもいくつか原因があり、例えば体重が減少する場合には小腸で栄養が吸収されていない可能性があります。一方で、体重は変わらない場合には、大腸に異常があることがほとんどです。
いずれにしても、普段から愛犬の便には注意を払い、「おかしいな?」と感じたら、獣医師に相談するとよいでしょう。

ところで、犬はストレスが原因でおならが多くなることもあります。ストレスによって自律神経が乱れると、腸内の悪玉菌が活発に働くようになり、腸内環境が悪化してしまうからです。悪玉菌は腸内で有毒ガスを発生するため、良くないガスが溜まり、臭いおならが出るようになります。

犬のおならが臭いときは、肛門腺が原因の場合も……

犬のおならが臭いとき、肛門腺が原因になっている場合もあります。肛門腺とは、肛門の左右にある臭腺のこと。この臭腺は袋状になっており、その中に悪臭の原因となる分泌物が入っています。犬種によってはこの分泌物を便と一緒に排出することができますが、特に小型犬などはこれを絞り出す力がない犬が多く、多くの場合、人間の手で絞り出してあげる必要があります。これがいわゆる、「肛門腺絞り」と呼ばれるものです。

肛門腺絞りをしないと、悪臭の原因になるだけでなく、化膿したり炎症を起こしたりする可能性もあるほか、破裂して分泌物が飛び出してしまうようなこともありますので、定期的な絞り出し、が必要です。

分泌物が溜まりやすい犬とそうでない犬がいますが、基本的には1カ月に1度の目安で肛門腺絞りをするとよいでしょう。やり方を覚えれば自分でもできますが、ペットサロンでも対応してもらえます。難しいと感じたら、プロにお任せするのも一つの手です。お尻を気にしていたり、床にすり付けていたりするときは、要注意。肛門腺絞りのタイミングかもしれません。

おわりに

愛犬が日常の中でする何気ないおならは、かわいいものです。自分でおならをしたのに「今の何?」なんてキョロキョロと辺りを見回すときなどは、「いやいや、君だからね」と突っ込みたくなってしまいます。とはいえ、愛犬のおならが実は普段との変化に気付いてあげられる大切なサインであることを忘れずに、おならに注意?してみてください。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING