迎え入れる準備は完璧?初めて犬を飼うときに用意したい便利な犬グッズ17選

犬をペットとして初めて家族に招き入れるとき、どういったものを用意しておけばいいのでしょうか? 室内と室外で用意するものは、少し異なります。犬を迎えに行く前に、きちんと必要なものが揃っているか、今一度、チェックしてみましょう。

室内・室外、どちらにも必要な7つのもの

まずは、室内・室外に関係なく、犬を飼う際に必ず必要になるものからチェックしていきましょう。

①犬用食器

餌を入れるフードボウルと水を入れるボウルが必要になります。室外で飼う場合は、水を入れるボウルは少し大きめのものがいいでしょう。また、ステンレス製だと丈夫で壊れにくいので、おすすめです。室内用の場合、ケージに固定できる水ボトルもあります。水ボトルはケージ内に設置でき、場所を取らないので、小さめのケージに適しています。

②ドッグフード

子犬から迎え入れる場合は、ブリーダーさんやペットショップで与えられていた子犬用のドッグフードを、まず購入します。餌の種類を変える場合は、徐々に割合を変えながら、2週間ほどかけて変更していきます。

③うんち取りグッズ

散歩に行くときに必ず必要です。通常のビニールでも大丈夫ですが、最近はリードに付けて持ち歩けるうんち取りグッズが100均ショップでも売っているため便利です。

④首輪(ハーネス)

首輪に電話番号を書いたネームタグを付けておくと、もし犬が迷子になっても、見つけた人が連絡をしてくれる可能性がかなり高くなります。ハーネスは胴の周りに付けて使うもので、犬が間違って首を絞めることがありません。

⑤リード

散歩の時に使うひもです。ノーリードで犬を歩かせてはいけないので、きちんとリードで犬をつなぎましょう。

⑥おやつ

主食のドッグフードとは別に、おやつを用意するといいでしょう。主に、しつけやトレーニングをするときに与えます。

⑦おもちゃ

犬が一人でいるときに退屈しないために、おもちゃを準備しましょう。室外で飼う場合はおもちゃが汚れやすいので、布製のものよりすぐに洗えるものだと、より良いでしょう。かむと音が鳴るおもちゃは、犬に大人気です。

主に、屋内で犬を飼うときに必要な4つのもの

次に、主に室内飼いをする場合に必要となるものを、前述したグッズ以外でご紹介します。最低でも、次の4つが必要になるでしょう。

①ケージ (サークル)

犬のプライベート・スペースを用意してあげる必要があります。ケージの中は、犬が安心して過ごせます。

②トイレトレー

ペットシーツを固定するために使います。子犬から飼う場合、トイレトレーに網のカバーが付いているものを選ぶと子犬がトイレシートをかんでしまうことがありません。

③トイレシート

トイレトレーの中に入れるシートです。犬のおしっこを吸収します。犬がおしっこをしたら、交換しましょう。

④ブランケット(ベッド)

寝るときに心地良く犬が寝ることができます。

室外で飼育する際に必要な2つのもの

次は、室外編です。最近では、日本でも犬を室内飼いする人が増えてきましたが、もし、番犬や放牧犬として室外で飼育される際には、最低でも下記のようなものを用意しましょう。

①小屋

雨風から犬を守ります。犬が中でくつろいで過ごせるよう、ブランケットなどを引くといいでしょう。

②ドッグチェーン

犬をつなぐ鎖のことです。犬が歩き回れるように、一定の長さを確保しましょう。また、ドッグチェーンは犬がチェーンを引っ張っても壊れないような場所につなぐか、市販の金具を埋め込んで固定場所を作ります。

その他、初めて犬を飼うときにあると便利な3つのもの

最後におまけとして、ないよりは持っていた方が何かと便利なグッズを3つ、ご紹介します。

①犬用ブラシ

他の動物同様、犬は毛が抜けるので、室内外に限らず、毎日ブラッシングをしてあげてください。ブラシは、犬の毛質に合ったものを購入しましょう。

②ビターアップルスプレー

かみ癖や誤飲を防止する、主に室内犬用のスプレーです。犬にかまれたくないものに一吹きすると苦い味が付くため、そのものをかまなくなります。

③しつけスプレー

こちらも主に室内用ですが、トイレをしてほしくない場所にスプレーをするタイプとトイレをしてほしい所を教えるためにスプレーをするタイプがあります。

どのグッズも、愛犬との暮らしを支えてくれるグッズばかりです。これから初めて犬を飼うという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

みんなのコメント

はるぽんさん
よくわかりました!

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING