犬が落ち着ける環境を作るには?ケージやサークルの正しい使い方

犬を家族として迎えることになった場合、犬が落ち着いて過ごせる場所を作ってあげる必要があります。そんなときに必要なのが、ケージとサークル。この2つの違いを把握し、事前準備をして、家族と愛犬が安心して過ごせるような環境を用意しましょう。

犬が落ち着く場所を作る意味

犬が落ち着く場所を作る意味

犬は、小さな穴の中で休む習性を持っているため、たとえ室内飼いでも犬にとって小さく囲まれている「ハウス」は落ち着ける場所として、必要です。そのハウスを作るために準備するものとして、「サークル」や「ケージ」、「クレート」があります。

子犬の頃から寝床とトイレをしっかり分けたハウスの中で過ごすと、トイレトレーニングが成功する確率も上がっていきます。また、安心してお留守番させることもできます。

ケージとサークルの違いとは?

ケージとサークルの違いとは?

ケージは、底面と天井もあるため、犬を完全に全方向から囲むことができます。ケージが適切なサイズであれば、そのままクレートとして運ぶこともできるでしょう。
※移動用の犬の入れ物のこと。囲い面が広く、中が薄暗くなるような作りになっています。

一方、サークルは側面のみが囲まれており、パーツごとにつなげることもできるので、お部屋の広さや愛犬に合わせて調整できます。ただし天井がないため、よじ登ってしまう犬もおり、脱走には注意が必要。基本的には一定のスペースを囲い、犬をその中で過ごさせるときに使います。

ケージとサークル、それぞれの使い方

ケージとサークル、それぞれの使い方

基本的にケージとサークルは別々に用意しておくと、便利に使うことができます。

ケージの周りをタオルなどで囲って薄暗くすればそのままハウスになりますし、クレートをそのまま利用してもよいでしょう。そして、ハウスをサークルで囲うことで、愛犬のためのスペースを作ります。サークルの中にはハウスの他、トイレや水、おもちゃなどを入れておきましょう。普段の食事もサークル内で取るような習慣にすると、留守番のときも安心です。

家族と愛犬の暮らし方に合わせて、考える

家族と愛犬の暮らし方に合わせて、考える

もちろん、犬の成長段階や飼い方によって、ケージやサークルの必要性は異なります。留守番が多いので、普段からサークル飼いにする。短時間の外出のときは、ケージで留守番をさせる。部屋の中で放し飼いだけれども、移動のみクレートを使う。そのシチュエーションは、さまざまです。どのようなスタイルで犬と暮らしていくかを考え、適切なツールを用意するようにしましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING