驚きの使い方!犬のサークルを上手に活用した、賢いトレーニング方法3選

多くの犬の飼い主が購入を検討するものの一つに、サークルがあります。一見、使い道が犬を入れておくだけのように見えるサークルですが、目的に合わせて、その用途はさまざま。今回は、サークルを使ったトレーニングをご紹介します。

その①~トイレトレーニングに最適

最初にご紹介するのは、トイレトレーニング。子犬のトイレトレーニングで大切なのは、「いかに失敗させない工夫ができるか」です。「トイレシートで成功する→飼い主に褒められる」。この成功体験の数が、トイレトレーニングの成功の可否を握っているといっても、過言ではありません。

子犬はトイレの間隔が短いので、あらかじめサークル内にトイレシートを敷き詰めておきましょう。ひとまず、これでサークル内のどこで排泄をしても、成功、です。その後は、徐々にサークル内のトイレシートの割合を少なくしていきましょう。トイレシートまで自分で戻る練習もできます。また、まだトイレが完璧に覚えられていない犬から少しでも目を話すときにも、同じくトイレシートを敷き詰めたサークルの中に入れておきます。

このように、サークルはトイレトレーニングやトイレトレーニング中の犬を管理するときにとても便利な道具です。

その②~留守番トレーニングに応用する

次にご紹介するのは、留守番トレーニングです。

留守番のトレーニング不足は、犬のストレスにつながります。留守番で一番大切なのは、「飼い主のいない時間を犬1匹でもリラックスして過ごせる」こと。小さい頃からサークルで過ごしている犬は、サークルの中の居心地の良さを知っています。そのため、たとえ留守番でサークルの中に1匹にされたとしても、安心して寝ることができます。

成犬になってから初めてサークルを使って留守番のトレーニングをすると、時間がかかります。家を留守にすることがある以上、留守番は犬に覚えてもらわないといけない行動。子犬の頃からサークルに慣れさせて、成犬になってからストレスなく過ごせるようにしてあげましょう。

その③~いたずら予防に効果あり

最後は、いたずらの予防について。

いたずらといってもその種類はさまざまですが、どのいたずらにも共通していることは、「犬は経験したことから学習して、いたずらを覚える」ということです。犬が一度覚えてしまったいたずらを忘れさせるのは大変かつ、とても時間がかかるもの。飼い主が子犬の頃からいたずらをさせないように工夫することが、理想です。

そこで登場するのが、サークル。犬は飼い主の見ていない所で初めてのいたずらを経験する場合が圧倒的に多いため、目を離すときは必ずサークルに入れる習慣を付けてください。例えば、飼い主が食事の支度をする間やお風呂に入る間に、入れてみましょう。

サークルに入れることでいたずらを未然に防げば、いたずらを覚えることもなくなります。

サークルを活用して、飼い主も愛犬も快適な生活を

子犬は、好奇心の塊。ちょこちょこと部屋の中を歩き回る姿は、かわいくて仕方ないでしょう。しかし、子犬は食べていいもの・いけないものの違いがわからず、何も知らないがゆえに、とても無防備。飼い主は一挙一動から目が離せないでしょう。だからこそ、サークルが活躍するのです。その時々の用途に応じてサークルを使用することで、飼い主も犬との生活を楽しむことができるでしょう。

今は、さまざまな形のサークルがあります。ぜひ各家庭・犬に合ったサークルを探してみてください。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING