犬の捻挫と骨折に要注意!飼い主が知っておきたい症状と防止方法

愛犬が少し高いところから飛び降りたり、階段から下りるのを失敗したとき、足を引きずっている姿を見ると、飼い主は慌ててしまいます。犬が足を引きずっているけど、捻挫(ねんざ)?骨折?飼い主にはなかなか分からないですよね。今回は、犬の捻挫と骨折について症状を交えながら解説していきます。

【犬の捻挫】症状

犬の捻挫と症状

人間同様に犬もよく捻挫(ねんざ)をします。

ベッドやソファなどの高いところから飛び降りたり、普通に走り回っていたりするときに、足をくじいてしまい、捻挫をしてしまうのです。

捻挫は、関節を無理に曲げたりしたことによって、関節の周りにある靱帯が傷つけられた状態です。

捻挫には、靱帯が少し傷ついたような軽度から靱帯断裂までありますが、重症の場合は骨折などが伴う場合がほとんどです。

軽症の捻挫といっても、靱帯が傷ついているため、くじいた足を持ち上げて、足を地面につかないようにしたり、引きずって歩いたりします。

また、痛めた部分が腫れ上がったり熱を持つこともあります。

犬は患部が痛いので、触られることを嫌がります。

しかし、痛めた足を全く地面に着かないことは少なく、時々、足を地面につくことができます。

【犬の骨折】症状

骨折は、文字通り、骨が折れた状態です。

骨折には、その骨の折れ方や原因によって、疲労骨折や剥離(はくり)骨折など、色々あります。

骨折の原因は、高所からの落下や転落、犬同士の喧嘩、交通事故、また、老化による骨密度の低下などさまざま。

犬が骨折した場合、大変痛がったり、骨が折れた場所が変形することもあります。

また、急に歩かなくなったり、触られるのをとても嫌がります。

捻挫と違い、足の痛みが強いので、絶対に地面に足を着こうとはしません。

【犬の捻挫と骨折】こんな症状のときは動物病院へ

高いところから飛び降りたりしたときに犬が捻挫をしたかな?と思ったら、まず、患部を冷やし、ケージなどの中に入れて安静にさせましょう。

そして、捻挫したと思われる足を時折地面に着いていれば、まず骨折の心配はないので、2~3日様子を見ても大丈夫です。

地面に足を着けないなど、様子がおかしい場合は、すぐに病院へ連れて行ってください。

レントゲンを撮れば、骨折しているかどうかは診断ができます。

また、捻挫といっても回復には個体差があり、時間もかかります。

早ければ1週間ほどでよくなりますが、中には1カ月以上かかる場合も…。

その間、できるだけ犬は安静にさせましょう。

また、足を痛がる、全く地面に着けない、変形していると明らかに骨折だと思われる症状の場合は、すぐに病院へ行ってください。

【犬の捻挫と骨折】飼い主にできる防止方法

犬が捻挫や骨折をしないように。飼い主にできること

犬の捻挫や骨折等、けがをできるだけ防ぐためには、犬にとって快適で安全な環境を作ってあげる必要があります。

フローリングなどの床の場合は、できるだけ滑らないようにマットを敷いてあげましょう。

ベッドやソファを低いものにしたり、愛犬が高いところから飛び降りたりする必要のない家具に切り替えることも必要かもしれません。

2階建て以上の住居の場合には、階段の昇降に充分気をつけましょう。

家の外でも、愛犬が捻挫や骨折をしないために注意が必要です。

散歩のときも、リードを引っ張りすぎると急な方向転換などで足をけがしてしまうことがあります。

散歩中の交通事故などにも充分気を付けてくださいね。

みんなのコメント

あゆみさん
今日シーズー5才がいきなりむかって右足をひきずりはじめました。 ひきずるというか地面につけないようにしています。 ときたま普通に歩きます。 病院が休みだったためトリミングの方に心配でみてもらいましたがなんともないとのことでした。 前にも一度ありましたがすぐになおりました。 触ってもいたがりません。 心配です。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING