「ほえない」ことを犬に覚えてもらうのは意外と簡単なのかもしれない

「無駄ぼえ」。その言葉の通り、犬が意味もなく、むやみやたらにほえる行為を指しますが、そもそも犬は何に対して無駄ぼえをしているのでしょうか? 無駄ぼえをやめさせるしつけの方法とともに、無駄ぼえの仕組みを解説します。

まずは、ほえる原因を探る

犬のほえる行為には、「誰かが来たよ」と教えてくれる“ほえ”、「怖いよ……」という恐怖心からくる“ほえ”、「遊ぼうよ!」という興奮からくる“ほえ”、家族を守ろうとする警戒心からくる“ほえ”など、いろいろな意味合いがあります。

私たち人間は言葉を使い会話で気持ちを伝えますが、犬はほえることでさまざまな感情を表現しています。つまり、犬にほえないことを教えるためには、飼い主がなぜほえているのか、何に向かってほえているのかをじっくり観察し、その背景を正しく理解する必要があります。ほえる理由がわかったらその原因を深堀りし、取り除いていきましょう。

例えば、玄関のチャイムに反応してほえる犬にはチャイムの音色を変える、何かしら興奮してほえてしまう犬にはいったん落ち着かせてから遊ぶなど、ほえないようにする工夫はたくさんあります。

無駄ぼえをやめさせるときにやってはいけないNG行為

無駄ぼえをやめさせる方法の一つに、「犬がほえたとき、大きな音で脅かす」というものがあります。確かにこの方法を使うと、犬が大きな音に驚き一瞬ほえなくなることはありますが、いずれは大きな音に慣れてしまい、結局は元に戻ってしまいます。これでは、根本的な改善につながりません。さらに、恐怖心からほえている犬を大きな音で脅かしてしまえば、より恐怖が増大し、ほえることを止められなくなってしまう場合もあります。

他に「無視する」「おやつで気を紛らわす」という方法もありますが、飼い主が犬に「ほえないでほしい」ということを伝えていないので、先ほどの大きな音~と同様、“ほえ”は止まらないでしょう。

「ほえないことは、いいことなんだよ」。そう犬に理解させない限り、おそらく無駄ぼえはずっと続くはずです。

ほえないときに、思い切り褒める

では、「ほえないことが、いいこと」だと犬に覚えてもらうためには、どうしたらいいのでしょうか?

恐怖心でほえている犬には「大丈夫だよ。怖くないんだよ」と落ち着いた気持ちで声を掛け、一瞬でもほえないときに思い切り「そうだよ。それでいいんだよ。いい子だね」と褒めてあげます。ほえることで「誰か来たよ!」と教えてくれているのであれば、「わかったよ。教えてくれて、ありがとう」という気持ちを伝え、ほえなくなったらすかさず、「いい子だね」と褒めてあげてください。

しつけの極意は、愛犬の気持ちを理解すること

飼い主がほえている状況をしっかりと見極め、犬の気持ちを受け取りながら対応していくと、そのうち犬が「ほえなくても、家族はちゃんと自分の気持ちをわかってくれる」と思うようになります。同時に、「ほえなければ、飼い主さんは褒めてくれる」という思いが芽生えることでしょう。

ほえている犬を叱ったり脅かしたりしてしつけていたら、飼い主の気持ちも暗くなるはず。そうではなく、まずは犬の気持ちを理解して「ほえないことは、いいことだ」と認識してもらうことが必要です。飼い主も犬も幸せになる方法で、無駄ぼえをなくしていきましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING