犬の爪切りが苦手な人に教えたい、犬の爪切りを簡単にするコツ

愛犬の爪切りに苦戦をする飼い主が、多いそうです。そもそも、爪切りをさせてくれない犬もいるのだとか……。犬の爪切りは、短時間で済ませてしまうことが、ポイント。愛犬のストレスにならないようちょっとした配慮をするだけで、自宅でも簡単に爪切りができるようになるんです。

犬の爪切りは定期的に

犬の爪切りは定期的に

小型犬は定期的に爪の伸び具合をチェックして、必要に応じて爪切りをすることが大切です。大型犬や中型犬は、外で運動することで爪自体も短くなっていくことがありますが、散歩の仕方によっては、爪がどんどん伸びる場合もあります。

犬の爪切りのコツは、短時間で済ませること。爪切りをストレスに感じる犬も多くおり、爪を切るときの飼い主の緊張感が伝わる場合もあります。

まずは、爪切りの道具を揃えよう

まずは、爪切りの道具を揃えよう

爪切りと関連する道具は、ホームセンターやペットショップなどで簡単に手に入ります。

犬の爪切りで用意するもの

・爪切り器
・やすり
・止血剤(念のため)

基本的には、爪切り、やすり、止血剤を用意しておくと安心です。やすりは人間用のものでもかまいませんが、犬の爪はとてもしっかりしているため、よく切れるものを用意しておきましょう。ちなみに、止血剤は粉末状です。

上手な爪切りのコツ

上手な爪切りのコツ

爪の長さは、地面に着くか着かないかを基準にして、考えます。フローリングを歩いて爪の音がするようであれば、爪の切り時と思ってよいでしょう。

爪切りを行う前に、まずは透けて見える血管の位置を確認します。血管の手前まで切ることを一つの目安にしてください。血管が確認できたら、しっかりと肉球を押さえます。黒い爪で血管が見えないときは断面をチェックしながら、少しずつ、切っていきましょう。

切る順番ですが、まずは後ろ足から始めます。途中で嫌がる場合は、いったんストップしてください。一度に全て切るのではなく、少しずつ慣らしていくことが上手な爪切りのコツです。数日かけて切る、肉球に爪切りを当てただけで終わりにするなど、トラウマにならないよう、注意しましょう。一度嫌な思いをしてしまうと、その後なかなか爪切りをさせてもらえなくなる場合が多いです。少しずつ、恐怖心を取り除いてあげましょう。

無理は禁物! 爪切りができない場合はプロに任せよう!

無理は禁物! 爪切りができない場合はプロに任せよう!

足を触っているだけで怒ってしまう犬や爪切りがトラウマになってしまった犬など、どんなに工夫しても爪切りが苦手な犬がいます。そのような場合は無理して切らずに、トリマーや獣医師に相談しましょう。決して、無理やり爪切りをしないでください。

日頃から、たくさんボディタッチをして、どこを触られても大丈夫な関係を愛犬と築いておくと、爪切りがしやすくなります。今回ご紹介した爪切りのコツ、ぜひ実践してくださいね。

みんなのコメント

エンカさん
爪切りは、バトルです。ドッグフードを食べてる間に切ったり。木の椅子に乗せてみたり。何とか切ってます。犬にとっては完全にトラウマです。爪を切らなくても足を握れば怒ります。ただ噛みつきはしますが怪我をするほどではないので切らない時は撫でたりして慣らしています。が仕切りに私の手を舐めるので次は噛むぞって感じかと思ってます。私はやっと爪切りに慣れてきたところです。真っ黒な爪なので何度失敗したことか。竹輪をイメージして切って行くと爪の中央に白っぽい爪で触ると柔らかい所が現れます。これ以上は切れないし犬も触ると激おこです。 黒い爪は大変ですね。かわいそうだけど無理矢理です。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING