犬の気持ちは耳で分かる!?愛犬の本音がわかる4パターン

愛犬とまだまだ以心伝心というわけにはいかない飼い主さん、飼っている犬の気持ちをどこで判断していますか? 最も有名な「尻尾」以外にも、犬の気持ちが分かってしまう体の一部があるのです。それが「犬の耳」。愛犬の本音が知りたい飼い主さんは、犬の耳の状態から彼らの気持ちをくみ取りましょう。

耳のパターン①~上に向かってピンッと立っている

耳のパターン①~上に向かってピンッと立っている

犬の耳がピンッと立っている状態、これは何かを察して注目しているとき。

犬の聴覚は鋭くどんな些細な音や変化も聞き分けます。犬の耳がピンッと立っているときは、犬の顔や視線の先に何かがあることを意味します。エサや飼い主さんの帰ってきた足音などを聞き分けているときには比較的穏やかな表情をしていますが、危険や不安材料になりかねない物への注意心があるときには表情がこわばっていたりします。突然の物音などで顔を上げてあたりを確認するときも耳がピンッと立っている状態です。

耳のパターン②~前方に向かってピンッと向いている

耳のパターン②~前方に向かってピンッと向いている

同じピンッと立っている耳でも、上に向かって立っているときは「何かを聞き分けている状態」ですが、前に向かっている場合は威嚇を表します。

犬が威嚇をするときは耳が前方に向いている以外にも、体が前のめりになり毛も逆立ちます。鼻に皺を寄せたり歯をむき出しにして唸っているときは明らかに攻撃態勢に入っているので気を付けましょう。

耳のパターン③~後ろに倒れている

耳のパターン③~後ろに倒れている

断耳の犬の耳がペッタリと倒れている状態は、犬が不安や怯えを抱えていたり服従しているときに見られます。

体を小さく丸めて尻尾を後ろ足の間に入れてしまっている場合は、怯えや恐怖心を持っているときです。また、耳は倒れてはいるけれど体や顔の表情がリラックスして尻尾が上に向いてゆっくりと揺れているときは甘えている状態だといえます。同じような耳の倒れ方でも、他の体の部分の状態や犬の顔の表情を見極めて犬の気持ちを判断しましょう。

耳のパターン④~やや横に倒れている

耳のパターン④~やや横に倒れている

耳が後ろではなく横に倒れている状態は、犬が警戒心や不満を持っている時です。

しつけをしている最中に耳を横に倒している場合は、その行為に対して不満や警戒心を感じているということです。

その際にも犬の目線や鼻先が向いている方をチェックして、何に対して警戒心を持っているのかを確認しましょう。

犬の耳の動きに注目して彼らの本音を探るためには、その他の体の状態も考慮して総合的に判断しましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING