なぜ、犬は靴下が好きなのか?答えは「犬が好むにおい」にあった

気付いたら犬が自分の靴下をくわえていた、ハウスの中に靴下を隠されていた……など、犬を飼っている多くの家庭で起こる不思議な、犬の“靴下隠し”。どうして犬は靴下ばかり持って行ってしまうのか、謎は深まるばかりです。なぜ、犬は人間の靴下が好きなのでしょうか?

犬が靴下を好む理由その①~有機物のにおいがたまらない

基本的に、どの犬も大好きな「有機物」のにおい。有機物とは肉や血液など、生き物の素(もと)になっているもので、犬にとっては獲物のにおいにあたります。人間の汗や脂分、動物の排泄物も有機物です。信じがたいですが、人間にとって場合によっては悪臭にもなるにおいが、犬にとって最高のフレグランスなんです。

ちなみに、体ににおいを擦り付ける行動は、狩猟時代の犬が獲物に気付かれないようにする習性だといわれています。

犬が靴下を好む理由その②~大好きなにおいを持ち帰る

犬が靴下のにおいをかいでいたら興奮して、靴下を振り回したり床に叩きつけたりする光景を見たことがありませんか? これは、獲物を仕留め肉を食いちぎったりする犬の本能が起こしている行動です。

ハウスやベッドに靴下を隠すのも「仕留めた獲物を隠しておく」という犬の習性。自分が安心できる場所に靴下を持ち帰って、その後ゆっくりと靴下のにおいを堪能したいと思っているのかもしれません。

犬が靴下を好む理由③~本当は寂しくて、我慢しているのかも……

犬は飼い主のにおいが大好きです。汗や脂分がたくさん付いている洋服や布団などをくんくんかいだり、それらに包まって寝ていたりする愛犬の姿を一度は見たことがあるでしょう。飼い主のにおいが付いている靴下も、例外ではありません。

本当はいつも側にいたいけれど、忙しそうにしている飼い主の代わりににおいの付いた靴下で、我慢しているのかもしれませんね。

犬が靴下を好む理由その④~飼い主のことが大好き

群れで行動する習性の犬たちは、群れのリーダーや仲間のにおいがするものがそばにあると、守られている気がして、安心できるのだそうです。特に、洋服やパジャマなどに比べて、靴下は犬がくわえやすい上に、一日履いた後の靴下には汗や脂分がたっぷりと付いています。大好きな飼い主をより一層身近に感じられる方法……それが、飼い主のにおいが付いた靴下をかむこと、なのではないでしょうか?

決して、くさい靴下が好きなわけではありません。飼い主が好きで好きで、たまらない。その気持ちが、愛犬の“靴下隠し”につながっているのです。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING