おしっこを成功させたい!トイレを失敗しないためのトイレトレーの使い方

初めて犬を飼うにあたり、一番悩むのがトイレトレーニングではないでしょうか? 犬がトイレトレーでおしっこが上手くできず、じゅうたんやハウス内を汚してしまえば、掃除や「何でできないんだろう……」といった悩みなど、飼い主にも負担がかかります。どのようにしつけをすれば、適切な場所でトイレをしてくれるのでしょうか?

まずは、失敗しない環境作り! トイレトレーを上手に活用

まずは、失敗しない環境作り! トイレトレーを上手に活用

トイレで上手に排泄させるには、失敗しない環境を作ってあげることが大切です。まずは、トイレトレーをどこに置くか、設置場所を決めます。基準としては、次のようなポイントを頭に入れて設置するとよいでしょう。

・ハウスから遠過ぎていないか
・犬が落ち着いてトイレができるか
・高い段差を昇り降りしなくて、よいか
・体を1回転させられる空間があるか
・清掃がしやすいか
・寝る場所や食べる場所から離れているか(犬が排泄をしたがらない)


トイレトレー付きのサークルであれば、できるだけ広々したタイプを選ぶと、排泄を失敗しにくくなります。

トイレトレーを一度設置したら、できるだけ場所の変更は避け、設置したペットシーツを犬がかじって飲み込まないよう、注意してください。ペットシーツを爪でガリガリ引っかいてトイレシーツが外れたり破けたりする場合は、メッシュカバー付きのトイレトレーが便利です。さらに犬は、足裏の感覚などによってもトイレの場所を認識するので、タオルや座布団など、おしっこをしてほしくないものは離しておきましょう。

トイレトレーニングでは、粗相をしてしまったときに「ここはトイレじゃない」と教え込むよりも、まず粗相をしない環境を作ってあげる方が、犬にも人間にもストレスがかかりません。

トイレのタイミングを掴もう!

トイレのタイミングを掴もう!

犬の排泄には、パターンがあります。特に寝起きや食事の後、飛んだり跳ねたりと体を動かした後に排泄をすることが多いのです。犬がくるくる回ったり落ち着かないそぶりを見せたりといった“排泄の素振り”を見せたら、トイレのしつけのチャンスが到来!トイレトレーに誘導してあげましょう。このときに、大きな声を出したり大きな動きをしたりすると犬もびっくりしてしまうので、静かに誘導してください。家族全員で「シッシ」とか「ワンツー」といったトイレの言葉を統一しておくことも、大切です。

まずは犬をトイレトレーまで連れて行き、「ワンツー、ワンツー」と声を掛け、「ここがトイレだよ」と教えてあげます。その後、徐々にトイレトレーまでの道筋を覚えたら、自分でトイレトレーに向かわせるようにするとよいでしょう。また「そろそろタイミングだな」と感じたら、トイレトレーの側で遊ばせれば、タイミングを逃しません。

そしてトイレトレーで上手に排泄ができたら、高い声で褒めてあげましょう。

トイレトレーニングで犬を叱ることは、避ける

トイレトレーニングで犬を叱ることは、避ける

トイレトレー以外の場所で排泄をしてしまったとき、そのにおいをかがせて叱る人がいますが、それは逆効果になりかねません。

犬は、「間違った場所で排泄したから、叱られている」ということは理解できないのです。このようなしつけでは「おしっこやうんうんちをすると怒られる」と犬が認識し、隠れて排泄をするようになる場合があります。

また、時間が空いてからトイレトレーのある場所に連れて行き、「トイレはここでしょう!」と叱っても、犬はそれを理解してはくれません。これは「トイレトレーは叱られる場所」と認識してしまう可能性があり、危険です。

トイレトレーニングで犬を叱ることは、避けてください。

もし、トイレを失敗してしまったら?

もし、トイレを失敗してしまったら?

間違った場所でオシッコしてしまったら、犬に無関心な様子で静かに掃除をしてください。飼い主が必要以上に騒ぐと、「ここでおしっこをしたら遊んでもらえる」「ここでおしっこをしたら飼い主の気を引ける」と勘違いしてしまいます。

排泄物のにおいが残っていると、また同じところで排泄してしまう可能性があります。専用のスプレーなどを使って、においを完全に除去しておきましょう。決まった場所で粗相をするようであれば、その場所に箱や何か障害物となるものを置くとよいでしょう。あるいは、思い切ってその場所にトイレトレーを設置してしまうのも一つの手です。

トイレのしつけのコツは、「排泄のタイミングをつかんでトイレトレーに誘導し、上手にできたら褒めてあげること」です。諦めずに根気よく続ければ、生後6カ月の子犬でも成犬でも、きっと覚えてくれるはず。トイレのしつけの悩みを克服して、愛犬と快適なドッグライフを楽しみましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING