犬のあくびは眠いからじゃない!安心や不安を表す4つのしぐさ

何気ない犬のあくび、その本当の意味を見逃してはいませんか?犬のあくびには意味があるのです。犬を迎え入れたときから、その子は大切な家族の一員。その愛犬の「あくび」が何を意味しているのか、あくびの意味を学んでいきましょう。

あくびの意外な意味

あくびの意外な意味

人間は眠かったり退屈なときにあくびが出ますが、犬も私たちと同じように、眠いとき、退屈なときにあくびをします。しかし、犬のあくびの意味が人間と違うのは、見つめられるとあくびが出るというところです。

犬は、じっと見つめられると相手が攻撃をしてくるのではないかと不安を感じます。そこであくびをして自分を落ち着かせると同時に、相手に「まだ私は攻撃しませんよ」と伝えているのです。従って、このあくびの意味はリラックスと正反対、緊張から出るあくびなのです。

不快なときにも、あくびが出る?

不快なときにも、あくびが出る?

あくびの回数が多いときは、犬が不快を感じているかもしれません。

例えば、シャンプー。飼い主は愛犬が清潔で健康でいてほしいと願いますが、犬によってはシャンプーが苦手な犬もいます。そんな犬をシャンプーするときに出るあくびは、ストレスを意味しているのです。

また、あまり親しくない人などに不必要にベタベタと触られたときも、不快な気持ちになりあくびをします。犬はとてもデリケートな動物だということを理解して、あくびで感情を観察できるとよいでしょう。

あくびには緊張をほぐす役目も

あくびには緊張をほぐす役目も

不快なときの他に、不安や気持ちの高ぶりからも犬はあくびをします。

例えば、環境が変わってなかなか慣れず、不安になっているときにあくびが出ます。また、叱られたきや見慣れない犬と接して気持ちが高ぶっているときも、緊張をほぐす意味であくびをします。

気持ちの高ぶりがマックスになり、興奮から攻撃的になっているときにもあくびが出ます。犬の感情の起伏を知りたいときは、あくびがひとつの判断基準になるかもしれないですね。

あくびの役目は、脳に酸素を送り込むこと

あくびの役目は、脳に酸素を送り込むこと

あくびには、脳に酸素を送り込み活性化させる働きがあります。そのため犬はあくびをすることで、落ち着いた気分を取り戻そうとしているのです。これは人間でも同様で、脳に酸素を送ることで脳の中枢を刺激し、緊張をほぐすという研究結果も出ています。 犬と人間、姿は違うけれど、あくびをすることでストレスを緩和しようとするところは同じ。そう思うと、犬の気持ちがもっとよくわかるような気がしますね。
 
飼い主が愛犬の気持ちを理解したいと願うのは当然のこと。 愛犬のあくびや、その他どんなサインも見逃さないように、犬についてたくさん学んでくださいね。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING