犬の活動時間はいつ? 夜行性の動物なの?

昼間は寝てばかりいるのに、夜になると活動的になる。あなたの愛犬は、そんな行動パターンを取っていませんか? 犬は、夜行性の動物なのでしょうか? それとも、昼行性(ちゅうこうせい)の動物なのでしょうか? 意外と知られていない犬の生態に迫り、犬の行動特性を検証していきます。

野生時代の生態にさかのぼると、犬は夜行性だった

犬の祖先であるオオカミは獲物が寝ている間に狩りを始め活動的に動き回る、夜行性の動物。昼間は巣穴で眠り、日暮れ時になると狩りに出ていました。犬も野生時代はオオカミと同様、夜行性だったのです。

しかし、人間と行動を共にするようになってからというもの、犬の夜行性の生態は徐々に昼行性の生態に移行していきました。以前のように食べ物や住む場所を探す必要がなくなり、その結果、夜行性でいる意味が薄れていったのです。やがて、犬は人間の起きている昼間に活動し、人間と同じように夜、眠るようになりました。

人間の生活パターンが、犬の生態を夜行性から昼行性に変化させたのです。

犬の睡眠の取り方に、犬が夜行性に見える秘密があった

犬が夜行性のように見える理由は、犬の睡眠の取り方にあります。

犬の生態の特徴として、短い時間で寝る回数を重ねて、一つの睡眠を取ります。また、犬の目は光の感受性が強く熟睡しないので、少しの光や物音で反応し、目が覚めてしまいます。私たちが起きるときには犬もすでに起きているので、夜行性に見えるのかもしれません。

夜行性ではない犬が昼間に寝ているのは、なぜ?

ではなぜ、夜行性でもないのに、日中に犬は寝ているのでしょうか? 答えは、「犬と人間の時間の流れ方の違い」にあります。

人間の一日は「24時間」ですが、犬の一日は「7時間」といわれています。人間から見れば、「夜行性でもないのに、昼間に寝ている」「こんな時間からもう起きていて、まるで夜行性みたい」だと感じ、夜行性ではない犬の睡眠時間帯を不思議に思うのかもしれません。犬の時間は流れが速く、短いのです。

犬も快適な睡眠が必要

昔のように夜行性ではなくなった現代の犬の生態ですが、それでも犬の睡眠は大切なサイクルの一つ。犬は夜行性ではないことを踏まえて、昼間でもちゃんと眠れるような環境作りをしてあげましょう。犬は光を感じやすく暑さに弱い生態なので、夏場は散歩の時間を夕方や涼しい夜にずらすといった気遣いも、環境作りの一つです。

夜行性ではなくなった犬がどのようにしたら犬らしく暮らせるのかを考え、犬の快適な生活環境をつくってきましょう。

みんなのコメント

ミュージカリー→@ここかえってきたよさん
私の犬は🐶寝てるのかな?というくらい起きています。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING