愛犬が、食後に自分の顔を飼い主のベッドにこすり付ける理由は?

犬が食後、まるで口を拭くようにソファーやベッドへ顔を擦り付けたりする行為を見たことがありますか? 今回は、そんな不可思議な犬の食後の行動理由と対処方法に迫ってみます。

犬が食後に口を拭くのは、顔が汚れて、嫌だから

犬は食後に、自分で汚れた口周りを拭いたり洗ったりすることができないため、顔を何かに擦り付け、汚れを取ろうとします。犬の口周りには毛が生えているので、食べ物のかすや汚れが溜まってしまい、不快に感じるのです。そういうときは、食後に水を飲ませるように促してあげましょう。または、食後に濡れタオルやノンアルコールのウェットティッシュで、きれいに拭いてあげてください。

犬が食後、執拗に口を拭くのは、顔がかゆいから

食後に犬が執拗に顔を擦り付けて口を拭く場合は、アレルギーの可能性が考えられます。毎回、食後に口を拭いている場合、何らかのアレルギー反応を起こし、皮膚がかゆいのかもしれません。こういう場合は、犬の食事を一度見直しましょう。

無添加のドライフードや手作り食を与え、食後の様子を観察してみてください。添加物の影響で、食後にかゆみが出ていたことも考えられます。もし、食事を変えても食後に口を拭く動作を続けるのであれば、動物病院でアレルギー検査をしてもらいましょう。

食後に口を拭くのが習慣化した犬の対処法

アレルギーでもないのに犬が食後に口を拭くのが習慣化してしまい、ソファーやベッドを汚してしまうとき、どのように対処すればよいでしょうか?

食後に顔や体を何かに擦り付ける行為は、犬の本能で行っていることもあります。こういったときの対処法は、犬が食後に口を拭くことができないよう、環境を整えてあげることです。ベッドやソファーのそばで、ご飯は与えない。食後は、居間や寝室に近寄らせない。そして食後は、すぐに犬の口をきれいに拭いてあげましょう。

食後に口を拭く犬のためにしてあげれる事

食後に口を拭きたい犬の気持ちを満たすために、汚れが付きにくい合皮などのカバーのクッションを近くに置くのも、一つの方法です。これで犬は気兼ねなく、食後に口を拭くことができるでしょう。

食後に口を拭く大半が、犬の本能的な行動です。決して、食後にいたずらをしているわけではありません。背後にある行動理由を把握して、上手に対処してあげてくださいね。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING