飼い主のまねをしている?犬が人間のように笑う、3つの理由

犬は人間のように、何かを「おもしろい」と感じて笑うことはないといわれています。でも、犬を飼っている人であれば、一度は愛犬が人間のように「にこっ」と笑う姿を見たことがあるでしょう。なぜ、犬は笑うのか? 犬の笑いを裏付ける理由を、3つのテーマに絞ってまとめてみました。

犬が笑う理由①~犬が人の表情をまねして笑う?

犬が笑う理由①~犬が人の表情をまねして笑う?

犬には、他の動物や人の動きをまねる習性が備わっています。例えば、子犬は親犬がペットシーツ使っている姿を見て、使い方を覚えるようになります。また、犬にとって嫌いな食べ物でも、飼い主がおいしそうな表情で食べているのを見ているうちに食べるようになった、という事例もあるそうです。

このように、あなたの笑顔を見て犬も「笑うこと」を学習しているのかもしれません。実際に声をあげて笑うわけではありませんが、犬の「うれしい」という感情が顔の表情に表れることで、まるで笑っているかのように見えているのでしょう。もちろん、犬種によって顔のつくりが違うので、笑った表情が目立つ犬・目立たない犬がいるはずです。愛犬の表情を注意深く観察し、「笑った!」と思える瞬間を捉えてください。

犬が笑う理由②~うれしい気持ちを存分にアピールしている?

犬が笑う理由②~うれしい気持ちを存分にアピールしている?

犬が初めて会った人や他の犬に対して笑うような表情を見せるときは、敵意がないことの表れといわれています。

散歩中、愛犬が友達の犬に会ったとき、にこにことうれしそうに笑う表情をしていませんでしたか? 飼い主以外のお気に入りの人に会ったとき、鼻にしわを寄せ、歯をむき出して笑うような表情を見せる犬がいます。むき出しの歯を見たら「怒っている」と思いがちですが、実はうれしい気持ちを存分にアピールしているのです。また、口角を大きく引いてにっこり笑うような表情をつくる犬もいます。

犬が笑う理由③~にこにこ笑う、飼い主のせい?

犬が笑う理由③~にこにこ笑う、飼い主のせい?

哺乳類の中でもずば抜けて表情が豊かな動物。それが、犬です。

いたずらをした愛犬を怒ったとき、しょんぼりとした表情になって上目使いで見つめられたことはありませんか? そうかと思えば、お出掛けやお散歩、おやつなどでテンションが上がると、目をきらきらさせて全身で喜びを表現し、にこにこと笑います。

表情が豊かな犬だからこそ、毎日、飼い主が楽しくうれしい気持ちで笑う姿を見せていたら、きっとまねをして笑うような表情を見せてくれるでしょう。愛犬の最高の笑顔が見てみたい人は、いつも笑顔で愛犬と接してみてください。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING