犬のおならが臭いと感じたら腸内に問題あり!? 飼い主が実践すべき対策

愛犬が臭いおならをしたとき、それは何らかの体調不良や、大病の前兆の可能性もあります。愛犬のおならが臭いと感じた飼い主が実践すべき対策をご紹介します。

犬のおなら、どんなことに注意すべき?

犬もわたしたちと同様、おならをします。

大抵の原因は、食べ過ぎによる消化不良やたんぱく質などが分解されるときに発生する硫化水素ガスを排出するためです。お肉などの動物性たんぱく質が消化されたときも、同様に臭いおならがでます。おならが硫黄の臭いがする、軟便または下痢気味、細菌とおならの回数が増えた、止まらないなど、明らかに回数が増えた場合は病気のサインかもしれません。

愛犬のおならから強烈な臭いがするパターン
犬のおならご飯との関係性は深く、臭いおならをしている場合は腸内環境が乱れている可能性があります。犬の腸内環境は食べ物によってかなり左右され、また乱れやすい特徴も持っています。ストレスを受けても簡単に腸内の悪玉菌が増えてしまいます。結果、臭いと感じるおならがでるのです。また、年を取るにしたがって腸のぜん動運動が弱まり、ビフィズス菌の数も減っていくため悪玉菌の増殖に繋がってしまいます。その結果、腸内環境はより一層乱れやすくなります。おならだけでなく、腸内環境が悪化している場合はうんちも臭い場合が多いです。

うんちトラブルが少ない犬は寿命が長い? 腸内環境が大病のリスクを左右していた
犬のおならが普段とこなり異様に臭いと感じる場合は、胃腸障害の可能性が高いので動物病院に連れて行ってあげましょう。慢性胃炎や腸炎、胆嚢異常などの深刻な病気の場合もありますので、注意深く愛犬の様子を見てすぐに獣医師の判断を仰ぎましょう。

愛犬のおならが臭い!と感じた時の対策

愛犬のおならが臭いと感じた時、最初にすべきことは食べ物を変えてみることです。ミルクを与えていたなら水に代えたり、肉類を多く与えていたなら食物繊維の豊富なご飯や野菜などに代えることで改善される可能性もあります。

少量ずつ上げることで、消化不良を防ぐ!
まるで丸呑みのように勢いよくご飯を食べる犬の場合は消化不良が起きやすく、またご飯と空気を多くお腹に入れてしまうため、おならの原因となります。そういった犬には、ご飯を少量ずつあげたり、大きなお皿に広く餌を入れることで食事のスピードを落とすことが出来ますし、空気の飲み込みを減少させられます。

筋力(腹筋)不足の場合もおならが出る?

運動不足や太り過ぎでお腹周りの筋肉量が少ないと、腸の蠕動運動に悪影響がある為に便秘などになってしまう可能性があります。
お散歩などで適度な運動をさせることで、ストレス発散にもつながります。なので、日頃からきちんと運動をさせて、排便を促してあげましょう。愛犬の排便回数をチェックしていて、少ない場合、便秘が疑われますのですぐに獣医師に相談をしましょう。

日頃からのチェックが、愛犬を大病のリスクから守る

犬のおならは結局、腸内環境の乱れから来ることがほとんどです。
腸内環境が整っていると、おならや便秘、そして下痢になることもありません。また、犬用の乳酸菌をサプリメントやおやつなどで与えてあげることで改善されることがほとんどです。
普段の犬の食べるもの、便の回数、食べ方などを知っておくことで、大きな病気になるリスクにも気がつくことができます。日頃からチェックする習慣をつけて、愛犬を見守ってあげましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING