なぜ、犬は人をかむ? 犬のかみ癖を直すための2つの方法

犬を飼い始めると、早々に犬が人やものをかむという悩みにぶつかります。子犬の場合、「痛くないから」という理由で甘がみを許してしまいがちになりますが、「かむ行為」は放っておくと咬傷事件につながる可能性があります。どうしたら、かみ癖が直るのか。今回は2つの方法をご紹介します。

犬がかむ理由は、本能から?

犬がかむ理由は、大きく分けて3つの原因が考えられます。

①何となくかみたいからかむ(本能)
②遊びの延長線上でかむ
③興奮や恐怖でかむ

かみ癖を防止するためには、犬がなぜかむのか、まずはその理由を見つけてください。

例えば、子犬の時期にかんでしまうのは、歯が生え変わる過程で口の中がムズムズすることが原因になっているケースが多いです。そのようなときは、かみごたえのあるおもちゃを渡すことが、かむことの防止策となります。

犬が噛むときの防止策①~スプレーを使ってみる

ペットショップなどでは、かみ癖を防止するスプレー『ビターアップル』が販売されています。

『ビターアップル』の使い方ですが、かまれたくないものに直接スプレーしてください。スプレーには犬に苦みを感じさせる成分が含まれているため、犬が「かむと苦い味がする」と感じ、対象物をかまないようになります。人体、例えば自分の指や腕にスプレーをするのも、問題ありません。

もし効果がない場合は、犬がかむ行動をしたときに自分の指に『ビターアップル』を付け、犬の舌を触ってみてください。もしくは、直接口の中にスプレーをしても防止策としては効果的です。

注)ごくまれに『ビターアップル』の味が好きな犬がいます。その場合、レモンを代わりに使うと酸っぱさに驚き、かまなくなります。

犬がかむときの防止対策その②~大声を出す

遊んでいる途中などでかまれることがなくても、歯が触れただけで「痛い!」とわざと大げさなくらいに大声を出して、遊びを中断してみてください。しばらくたった後に遊びを再開し、同じことが起こったら再び大声を出し、遊びを中断します。この流れを繰り返すと、犬は「指をかむと遊んでもらえなくなる」ということを覚え、かむ行動を防止できるでしょう。

大声でおさまらない場合は、「タイムアウト」と言って犬をケージに一定時間閉じ込めることも、効果があります。犬は外で遊びたいので、かむたびにタイムアウトをされ行動を制限されるのは、本望ではありません。すると、次第にかむことを止めるようになります。

犬のかみ癖は放っておいたら、絶対だめ!

犬の状況によっては、今回ご紹介した2つの方法でも効果がないときがあります。例えば、甘やかされ過ぎて人の言うことを全く効かなくなっている犬は、改善がかなり難しいでしょう。

しかし、だからといって事故にもつながりかねないかみ癖を、絶対に放置してはいけません。効果が全く見られない場合には、専門のトレーナーへ相談することをおすすめします。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING