なぜ犬は突然に吐くのか?犬が吐くときの原因について

犬はよく吐く動物のため、元気も食欲もあればあまり心配ありません。もちろん、個体差もあり、些細な環境や気温の変化で吐いてしまう犬もいれば、食べ過ぎが原因の犬もいます。そんなときは犬の様子を観察し、どんなことが原因で吐いていたのかを探ることが、適切な処置につながります。

犬が吐くということ

犬が吐いても元気がある場合は、どのような状況で吐いたのか、様子を見ることが原因を探る方法の一つです。

吐くといっても、「嘔吐(おうと)」と「吐出(としゅつ)」の2つに分けて考えられます。食べ物を一気に食べてまだ消化していないときは「吐出」、消化の途中の物や消化液を吐いてしまったときは「嘔吐」といわれています。

犬の嘔吐で多い理由は、食べ過ぎてしまったり、いつもと違うものを食べてしまったりといった消化不良です。ただし、何度も吐くような場合は注意も必要です。

犬が食事の直後に吐く場合

犬が元気で食欲旺盛、ガツガツをごはんを食べたかと思ったら吐いてしまうことがあります。また、吐き出したものを食べようとする犬もいます。

慌ててドッグフードを食べて吐いてしまうときの理由は、胃がびっくりして追いついていないからと考えられています。ただし、何度もそういったことが起きるときは、食道や胃の異常が考えられます。

一気食い防止の食器などを利用してみてもよいでしょう。その上で、異常が考えられるときは、早めに獣医師に相談してみましょう。

犬が空腹時に吐く場合は?

毎日、元気で食事を楽しみにしている愛犬が朝に吐いてしまう——。こういったことも、よくあるケースです。これは、胃酸過多で胃液を吐いてしまう症状です。

このような場合は、食事の時間を工夫して空腹の時間を短くしてあげることで改善される場合があります。特に、朝方に吐く犬の場合は、寝る前に少しだけ食べ物をあげたり、腹持ちの良いイモ類などのおやつをあげることも効果的です。

様子を観察してみることが大切

犬にも個体差があり、少しでも食事が変わったり、環境の変化やストレスで吐く犬もいます。吐いた後に元気があり食欲もある場合は、まずは吐く頻度やタイミング、吐くときの様子や内容物などを観察しておくとよいでしょう。様子を見て何か変化があるときや、頻繁に吐くときなどは、早めに獣医師に相談してください。

みんなのコメント

雷衣羅さん
買い物に行っていたら吐いてました

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING