犬はおもちゃ好きとは限らない?犬がおもちゃで遊ばない、4つの理由

犬を飼い始めた飼い主は必ずといっていいほど、犬用のおもちゃを用意して遊びたいと思っているのではないでしょうか? しかし、犬の中には全くおもちゃに興味を見せず、おもちゃで遊ばない犬もいます。なぜ、遊ばないのか——。その理由を4つに分け、それぞれの傾向と対策をまとめてみました。

おもちゃで遊ばない理由①~性格的に物欲がない

犬の中には持って生まれた性格上、おもちゃで遊ばない犬もいます。決してどこかに犬としての問題がある、というわけではありません。生まれつきそこまで物欲がないという理由です。ただ、もしかしたら飼い主が選んだおもちゃが「遊びたい!」と思えるほど魅力的ではなかったということも、考えられます。

犬にも性格や好みがあるので、おもちゃで遊ばないからといって心配する必要はありません。

おもちゃで遊ばない理由②~おもちゃより愛が欲しい

おもちゃで遊ぶより、飼い主とのスキンシップが好きな犬がいます。飼い主に抱っこしてもらったりなででもらう方が、おもちゃで遊ぶより数段、魅力的。そう、思っているのです。おもちゃでは遊ばず、飼い主と一緒にいたがる甘えん坊な犬は、「おもちゃより、愛をください」というタイプの犬かもしれません。

おもちゃで遊ばない理由③~「おもちゃで遊ぶ」という認識がない

「おもちゃで遊ぶ」という行動をまだ認識していない子犬もいます。おもちゃで遊ばない子犬におもちゃに興味を持ってもらうためには、飼い主のアイデアも必要。おもちゃにおやつを仕込むなどして、「おもちゃが興味を持つ対象である」ということを認識をさせてあげましょう。

おもちゃで遊ばない理由④~飼い主のおもちゃテクニックがないのかも?

飼い主がおもちゃを操るテクニックがないために、犬が腰を上げない。そのようなことも考えられるでしょう。こういった場合は、飼い主が犬の本能を刺激するようにおもちゃを操ってあげる必要があります。小動物のように、おもちゃを動かす。犬が飛び上がるように、高く持ち上げる。ちょっとしたテクニックでおもちゃ遊びに変化を付け、犬がおもちゃを興味を示すような工夫をしてみてください。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING