「急に愛犬が泡を吹いた」。突然起きる犬のてんかん発作!症状と原因を解説

今回は、愛犬を突然襲うてんかん発作の症状や対処法などについて、掘り下げます。手足をバタバタさせたり、泡を吹いたりと、その様子に慌てふためく飼い主も多いかもしれませんが、事前に犬のてんかん発作について学んでおけば、実際に起きたとき、冷静に対処できるはずです。

犬のてんかん発作に伴う症状とは?

約100分の1で起きるといわれている、犬のてんかん発作。犬のてんかん発作とは、脳内の神経に起きる異常により、突然「四肢の硬直」「口から泡を吹く」「けいれん」「尿や便の失禁」などの症状が出て体のコントロールを失ってしまうことを指します。

てんかんがおさまると、何事もなかったようにけろっといつもの状態に戻るのも、てんかん発作の症状の特徴。それでも、犬のてんかん発作は慢性的な脳の異常によるものなので、気楽に考えてはいけません。

犬のてんかんの発作は、なぜ起きるの?

犬のてんかん発作の原因は、まだ、よくわかっていません。子犬の場合、ジステンパーのウィルス感染に引き起こされる脳炎や、先天性の奇形による脳の機能障害が原因でてんかん発作を引き起こすことがあります。さらに、犬種によっては、遺伝が原因の場合もあります。

犬のてんかん発作が始まったら、飼い主はどうすればいい?

てんかん発作が起きているとき、 犬は苦しんでいるように見えますが、意識を失っています。てんかん発作中は、犬の体が物にぶつかって二次的なけがをしないよう、周りの物をどかして、スペースを空けるとよいでしょう。また、てんかん発作中、犬が体をバタバタさせていても、なだめたり抑えつけたりするのは、危険です。無意識のうちに飼い主の手をかんでしまうことがあるからです。

てんかん発作が始まったら、どういうときにてんかん発作が起き、どんな症状がどのくらい続いたか、てんかん発作が起きる前、犬は何をしていたか……などの様子を忘れずにメモしましょう。動物病院で診てもらうとき、犬のてんかん発作の症状を詳しく説明することができます。

どうすれば、犬のてんかん発作を予防できるの?

原因不明の犬のてんかん発作を予防することは、とても困難です。それでも、犬のてんかん発作の前触れとして、普段とは異なった行動を取る場合があるので、「いつもより、水をたくさん飲んでいる」「無性に甘えてくる」などの些細な行動を見逃さないようにしましょう。

言葉を話せない犬は、自分のてんかん発作の症状について、私たち飼い主に伝えることができません。それでも、私たちが日頃からよく観察し見守ってあげていれば、てんかん発作の前兆を見極め、そばについてあげることができます。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING