あなたのこと見下してる!?愛犬のマウンティングを上手にやめさせる方法

犬にマウンティングされたとき、笑顔でやり過ごしていませんか? 犬がマウンティングをする理由を知ったら、もう二度とマウンティングを放置しようという気持ちにはならないはず。今回は飼い主や来客が犬にマウンティングされる意味、そしてマウンティングを絶対にやめさせる方法をお伝えします。

人が犬にマウンティングされるのは、こんな意味があった

犬が人間に対してマウンティングするのは、順位付けをして自分の位置を確認している意味があります。つまりマウンティングされる人に対して、犬は「自分の方が上の立場のはず! ちょっとマウンティングしてチェックしてみようっと」という気持ちを持っています。

犬同士であれば、群れ社会の中で常に順位を決めることは必要です。しかし、人間と犬との関係の中では最初から「人間が上位だ」と示さなければなりません。犬にマウンティングされる意味をよく知らずに「じゃれているだけ」とやり過ごしていると、かむようになったり、触らせなかったり、無駄ぼえをしたりといった問題行動を引き起こしやすくなります。

犬は「この人より上位になれそう!」と感じた人にマウンティングをして、その仮説を確認しているのです。

その場で犬のマウンティングをやめさせる方法

犬が飼い主にマウンティングする——。このような行動が見られたらすぐにやめさせましょう。来客やお散歩中に立ち話をしている相手にマウンティングをする犬もいますが、もってのほかです。

犬がマウンティングをしそうになったら、すぐにその場を無言で立ち去りましょう。ここで、「いけない!」などの指示を出してはいけません。犬が「かまってくれている」と勘違いする場合があるからです。来客が犬にマウンティングされている場合も、飼い主が犬に声をかけてやめさせるのではなく、すぐに来客に同じ態度を取ってもらい、犬のマウンティングを抑制します。

根本的に犬のマウンティングをやめさせる

本気で犬のマウンティングをやめさせるには、先ほどの対処法だけで終わらせてはいけません。根本的に犬がマウンティングをしなくなるような主従関係を築き直します。そのために有効なのが、「伏せ」。犬が伏せる姿勢は、服従を意味します。伏せのやり方はさまざまありますが、おやつを使って行うのが一般的です。

犬の“おすわり”の姿勢からおやつを持った手を床に近付けていくと、犬は伏せの姿勢を取りやすいです。伏せの形が取れたら、「伏せ」と声で合図した後におやつを与えます。

この訓練が犬に身に付いてくると、飼い主が犬にマウンティングをされることはなくなります。そして犬も自分のポジションが安定するので、来客も犬にマウンティングされることはなくなります。

どんな場面でも犬が人間の指示を聞けるようにしつける

家庭犬として犬を飼っている以上どんな場面でも犬が人間の指示を聞けるようにするしつけはとても大事です。

犬のおしりを背中側からなで下ろして、おすわりをさせた状態でそのまま手を離さずに置いておきます。これは人が犬にマウンティングをしているのと同じ行動です。最初は犬も嫌がるかもしれませんが、犬のマウンティングを止めさせるためにも継続して行いましょう。犬にマウンティングされている状態は、人間側が「はい、あなたの言うことを聞いて行動します」と言っているようなものです。

常に飼い主をリーダーと認識させ、犬が安心して暮らせるように犬とのコミュニケーションを心掛けましょうね。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING