なぜ、犬はソファーで穴を掘るしぐさをするのか

「ここ掘れワンワン」といわんばかりに、愛犬がソファーやベッドで穴を掘るしぐさをすることがありませんか? 必死に「ホリホリホリ~」としているのを見ていると、何だか微笑ましくもあり……。でも、そこらじゅう傷だらけになるのは、勘弁! そもそも、なぜ犬たちは穴を掘るのでしょうか?

穴を掘る行動は、犬の習性だった

犬の祖先は、もともと出産や育児をするために巣穴を掘り、穴の中にくぼみを作って寝床にする習性がありました。現代の犬にもその習性が残っているため、穴を掘るしぐさをするのです。

犬が掘る姿をよく観察していると、ソファーだけに限らず、ベッドやお布団、クッション、タオル、カーペットなどを「ホリホリホリ~」して満足気にごろんと寝転がる光景を見たことがありませんか? これは、一生懸命に寝床を作っているつもり?なのかもしれません。

楽しくなって掘るケースも

穴を掘ることは、犬の習性。しかし、穴を掘る行動そのものが楽しくなってしまう犬がいます。この傾向は特にテリア系の犬に多く見られますが、他の犬種も同じです。

家の中を元気に走り回っている途中で、ソファーやクッションなどに穴を掘るしぐさをして、また走り回る……。これは、犬が穴を掘るしぐさを遊びの一環とだと捉えているから。このときに、飼い主が「元気だね~」「頑張れ!」などと楽しい声を掛けると犬はさらに楽しくなり、「見て見て~」といわんばかりに走り回って、より穴掘りのしぐさをするようになります。

大切なものを埋めるために、掘る?

犬は、自分が大事にしたいおもちゃや食べ物などを埋めようとします。もともと、犬は土を掘り、そこに埋めたいおもちゃや食べ物を入れ、鼻を使って土をかけ、隠していました。そのため、犬によっては室内でも自分の大事なものを埋める場所を作って、隠そうとします。

気付いたら、スリッパがクッションの下に隠されていた。与えたガムを食べずに、ベッドに隠していた。あなたの愛犬は、こんな行動を取っていませんか? これら全て、大切なものを隠すという犬の習性なんです。こっそり隠していたかと思うと、何だかほほ笑ましいですよね。

ストレスが原因で掘っていることも……

散歩に行けない。体を動かしたいのに相手をしてくれる人がいない。お留守番の時間が長かった。こういった状況でエネルギーがあり余ると犬は不満を抱え、それがやがてストレスとなり、穴を掘るしぐさにつながるときがあります。このような場合は、散歩の時間をいつもより5分長くしたり、部屋でおもちゃの引っ張りっこ遊びをしたりするなど、犬のストレス解消に付き合う時間を確保してください。

留守番時、一人でいることに不安や恐怖を感じていた犬は、その気持ちを解消するために、穴を掘るしぐさをする場合があるようです。「寂しくて怖いけど、お利口にお留守番するから、(飼い主が)帰って来たら優しくしてね」という思いを穴を掘ることで紛らわせているのかもしれません。そんなときは、帰宅したらしっかりと抱きしめて、「留守番、ありがとうね」と安心させてあげましょう。

犬が穴を掘るしぐさをしたときには、必ず何らかの理由があります。最初から「だめでしょ!」と叱らずに、まずは犬の立場に立って犬の気持ちを考えてあげてくださいね。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING