水入れ器、使い分け指南。水飲み、苦戦していませんか?

さまざまなタイプが販売されている水入れ器ですが、いざ使ってみたら、犬が上手に飲んでくれず、悩む方もいるそう。そんなときは、ボトルタイプや受け皿タイプを上手に使い分けてみましょう。犬の水の飲み方や飲む量を観察すると、犬に合った最適な水入れ器が見つかります。

多頭飼いや留守番の多い犬に便利な水入れ器

多頭飼いの場合、水は多めに準備しておくことが基本。さらに、衛生面にも気を配る必要があります。1頭飼いの場合は、犬がお留守番をする機会が多くあるでしょう。これらの事情をカバーできるたっぷりのお水が準備できる水入れ器は、とても便利なアイテムです。

流水が出るものから受け皿付きのタイプまで

水入れ器には、ペットボトルを装着するもの、専用ボトルが付いているもの、受け皿付きのもの、自動フィルター機能によって流水が出るもの……と、さまざまなタイプがあります。

ノズルタイプの水入れ器のメリットとデメリット

犬がボールに入った水をがぶがぶ飲んだ結果、(水の上に)毛やホコリが浮いてしまっていたり、水が床にこぼれていたり……という光景を見たことはありませんか? スタンドタイプやボトルタイプの水入れ器を使うとこのような出来事を防げるので、長時間のお留守番に適しているタイプといえます。一方で、このタイプだと水を飲みづらい犬もいます。舌の裏側を使ってお水を飲む犬にとっては無理な姿勢でノズルから飲むことになるので、嫌がってしまう場合もあるのです。

ボトルタイプの水入れ器を使うときは、高さや位置に注意

ボトルタイプの水入れ器を使う場合は、設置する高さに注意しましょう。ボトルが高い位置にあると、首を伸ばした状態で飲むことになるので、水を飲んだ際、気管に入ってむせてしまう犬も。また、ノズル自体が太いと水圧が強く、水が出すぎてむせてしまうケースもあるので、ボトル自体を細いものや小さいものに交換してください。万が一に備えて、受け皿が付いた水入れ器を併用することも、一つの方法です。

水入れ器は、日頃から上手に使い分けよう

ボトルタイプの水入れ器には、お水を飲むと受け皿に水が補充される、床置きタイプのものもあります。ノズルタイプはクレートの中で夜眠るときだけに使うなど、使い分けるとよいかもしれません。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING