犬のインフルエンザが大流行してるらしい!愛犬をウイルスから守るための予防法

昨年、アメリカで「犬のインフルエンザが流行している」というニュースがありました。一体、「犬のインフルエンザ」とはどんな症状なのでしょうか? 感染経路や予防法などを詳しくご紹介します。

そもそも、犬のインフルエンザは人間のインフルエンザと同じ病気?

犬のインフルエンザは「A-H3N8型」と「A-H3N2型」という2種類のウイルスが原因で、人のインフルエンザとは“型”が違うことがわかっています。また、2種類あるウイルスのうち、「A-H3N8型」は、もともと馬のインフルエンザウイルスでした。しかし2004年頃、犬にも感染する型に変異したといわれています。

犬同士で広がり、呼吸器疾患を引き起こす、犬インフルエンザ。アメリカの疾病対策センターによると、犬のインフルエンザに感染するのは犬や猫などの動物のみで、犬から人に感染した事例は見つかっていないそう。ウイルスの型は、人に感染する豚インフルエンザや鳥インフルエンザと全く異なっているようです。

犬インフルエンザは、どうやって感染する?

気になる感染経路ですが、私たち人間のインフルエンザと同じように、犬インフルエンザに感染している犬との接触やウイルスが付いているもの・人から、感染します。具体的な感染経路は、くしゃみ、せき、鼻水などの飛沫感染と食器類・おもちゃなどを接触したときに感染する接触感染があり、感染した犬の飛沫や直接触った物から広がる可能性があります。

ペットホテルやトリミングサロンなど、たくさんの犬がいる場所や、愛犬の免疫力や抵抗力が落ちているときは、感染しやすくなるのだそう。人間と同じですね。

犬インフルエンザの症状を知る

「湿った感じのせき」が長い間続くのが、犬インフルエンザの症状です。犬の体質などによっては、乾いたようなせきをする犬もいるので、しばしば「ケンネルコフ(伝染性気管気管支炎)」と間違われることもあるようです。

他の症状としては、「熱が出る」「鼻水が出る」といったもの。人間と同じような症状です。ほとんどの場合、感染しても軽い症状で済むそうですが、中には重症化するケースもあるようなので、愛犬の体調やだるそうな姿など、ちょっとした行動の変化を見逃さないようにしましょう。

愛犬を犬インフルエンザから守る予防法

犬インフルエンザに限らず、さまざまな感染症を予防するためには、愛犬自身の免疫力が低下しないよう、気を付けることが重要です。私たち人間と同じく、犬もストレスが溜まると徐々に免疫力が下がるので、ときには愛犬が好きなこと・喜ぶことに付き合い、ストレスが溜まらないような心掛けをしましょう。

また、体の冷えも免疫力が低下する原因です。特に真夏は熱中症を防ぐために、どうしてもエアコンを掛けっぱなしにする日も多くなり、体が冷え過ぎてしまうことも……。小まめに温度調整をし、座布団やクッションなどを置いて、愛犬自身が体温調整できる工夫をするのも、効果的です。

食事の面でも、免疫力が低下する場合があります。犬種、体格、性格によって、「食が細い」「偏食気味」「おやつ好きでお腹いっぱい食べてしまう」という子がいる可能性もあるので、できるだけ栄養が偏らないよう、私たち飼い主が気を付けてあげましょう。犬はもともとは肉食なので、高タンパク質の食事を心掛けることも、予防法の一つです。

おわりに

犬のインフルエンザは比較的新しく、ウイルスの免疫を持っている犬も少ないことから、発症率80%の病気だそうです。現在のところ、日本国内での発症例はありませんが、いつ日本に入ってきてもおかしくない病気なので、日頃から愛犬の体調には十分、気を配ってあげましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING