人間の1億倍!犬の嗅覚の仕組みを利用した、意外にも効果的なしつけの方法

犬の嗅覚は、最大で人間の嗅覚の1億倍にも達するといわれています。また、犬は好きなにおい・嫌いなにおいもあるそう。今回は犬の嗅覚の仕組みと、嗅覚を利用して上手にしつけるコツをお伝えします。

必要なものしか臭わない!? 犬の嗅覚の便利な仕組み

必要なものしか臭わない!? 犬の嗅覚の便利な仕組み

犬の嗅覚は人間の嗅覚の1000~1億倍といわれています。なぜ、これほどまで幅があるかというと、においの種類によって犬の嗅覚が反応しやすいもの・反応しにくいものがあるからです。

犬の嗅覚は生き物のにおいなど、生きていくために必要なものは強く感じますが、必要のない植物のにおいなどはあまり感じないという、非常に便利な嗅覚を持っています。

犬の嗅覚、どんな風にすごいの?

犬の嗅覚、どんな風にすごいの?

犬の嗅覚は、実際、どのくらいすごいのでしょうか? 犬の嗅覚は人間の嗅覚より遠い距離のにおいを感じられるというわけではなく、人間には感じられないような「薄いにおい」がわかる嗅覚です。

そんな犬の嗅覚が存分に発揮されるのが、警察犬です。何と人間の足の裏の汗が靴の底から染み出して地面に付いた、ごく微量な汗のにおいを辿って人を探せてしまうのです。また、そんな優れた嗅覚を使って、クジラの糞を探知して生態系調査に貢献する犬までいるそう。人間にはまねできない、すさまじい嗅覚ですね。

犬の嗅覚、好きなにおいと嫌いなにおい

犬には人間同様、好きなにおいと嫌いなにおいがあります。

犬の好きなにおいは、ミミズや動物の糞のにおい。「汚い!」と思われるかもしれませんが、これは犬が狩りをする際、獲物に気付かれないよう、体に擦り付けていた名残だといわれています。反対に犬の嫌いなにおいは酢やタバコ、アルコール、柑橘類などの刺激臭。嗅覚が優れている分、においから受ける刺激が多いためです。

犬がにおいを嗅いでくしゃみをしていたら、それは嗅覚が強く反応し刺激が強過ぎるときのサインなので、そのにおいから犬を遠ざけてあげましょう。

犬の嗅覚を利用して、上手にしつけよう

犬の嗅覚を利用して、上手にしつけよう

犬の嗅覚の仕組みを利用すると、しつけが楽になります。

例えば、マニキュアのにおいは犬の嗅覚に強い刺激を与えるので、かじられたくない場所に透明マニキュアを塗ると、かまなくなります。

しかし、いくらしつけといっても、嫌なにおいを犬に嗅がせ続けるのはよくありません。どんな犬でも飼い主さんのにおいが一番安心するので、子犬のときやお留守番のときには、ハウスに飼い主のにおいの付いた服を入れてあげるなどして、安心して過ごせる空間をつくってあげましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING