犬の気持ちが理解できる!覚えておきたい行動やしぐさ4選

人にもお付き合いのマナーがあるように、犬には犬なりの気持ちの伝え方やコミュニケーション方法があります。犬同士で使われるコミュニケーションに焦点を当て、犬の気持ちを理解するために覚えておきたい行動やしぐさをご紹介します。

①“おじぎ”は遊びたい気持ちの表れ

頭を下げておじぎをしているようなポーズの犬を見たことがありませんか? このおじぎは、「遊んで!」という気持ちの表れです。

おじぎをしているときの犬は尻尾を振り、口を開けて笑うような表情をしていることが多く、ぴょこぴょこ飛び回ったり、下がったり、いつもより高めに「ワン!」という鳴き声を発したりと、いろいろなリアクションを取ります。これらは、「遊んでほしい!」と高まった気持ちを必死に訴えかけているサインといわれています。

でも、そんなサインを出していても、歯をむき出しているときは要注意。けんかの前触れかもしれないので、犬の表情を注意深く見るようにしましょう。

②“目をそらす”は、敵意がない気持ちを伝えている

「目を見て話す」のはコミュニケーションを取るときのマナーの一つですが、犬の場合、「目を見つめる」という行動は相手にけんかを仕掛ける行動です。犬に嫌われてしまう人は、もしかすると、犬を見つめ過ぎているのかもしれません。

犬は「目をそらす」ことで相手に「敵意はありません」という気持ちを伝えます。決して態度が悪いわけではないので、叱らないでくださいね。

③“お尻のにおいをかぐ”は、一つのあいさつ

人間でも、相手のパーソナリティは気になるもの。犬の場合、「お尻のにおいをかぐ」ことで相手のパーソナリティを知るそうです。犬同士のあいさつのようなものですね。また、犬のお尻にはにおいを分泌する肛門腺という器官があり、そこから出ているにおいから相手の性別や強さ、発情状態、性格まで読み取っているといわれています。

④“取っ組み合い”は、ただ遊びたいだけ?

犬同士の遊びは傍からから見るとけんかをしているように見えることがありますが、ほとんどの場合、相手にけがを負わせるようなことはしていません。

犬は遊びを通じて、お互いの順位を決めます。犬の取っ組み合いは、自分と相手、どちらが上位に立つのかということをはかるコミュニケーションでもあるのです。見ていてはらはらしますが、特に子犬の時期はこういった経験をさせないと、社会性が身に付きません。本格的なけんかにならない限りは、見守りましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING