ちょっと、やめて!犬がベッドでがりがりと穴掘りを始める理由とは?

犬は野生の頃からの習性で、ベッドを掘ります。一方で、自分の不安を落ち着かせるために掘っている場合も。犬がベッドで穴掘りをする理由を深“掘って”みましょう。

「掘る」のは本能的な行動

もともと、犬は巣穴を作って寝る動物です。草や雪の中に身が守れて落ち着いて眠れる場所を作ることは、犬にとって大切な行動でした。しかし、室内飼いも増えた現代は穴をわざわざ掘る必要はなく、大半の犬たちに安心して眠れる寝床が用意されています。それでも掘ってしまうのは、昔の習性を思い出し、本能的に毛布やベッドを掘って自分が落ち着いたり寝心地が良かったりする場所を、あらためて作っているのかもしれません。

犬が掘る、さまざまな理由

気温差を感じ取り、一生懸命に穴を掘る犬もいます。掘ってスペースを作ることで日をさえぎり、安心して過ごせる場所を見つけているのです。また、掘った場所に大切なものを運び、埋めようとする犬もいます。室内で見つけたおもちゃやおやつ、大切なものを隠す場所として掘るケースです。また、飼い主が出掛ける前、一人になってしまう不安から掘ったり布団をかんだりする犬もいます。

安心できる寝床を用意すれば、掘らなくなる?

ベッドやソファーを一生懸命に掘ってしまう行動をやめさせるには、まずは掘る行動がいつ、どんなタイミングで起きているのか、原因を探りましょう。その上で、犬が落ち着く場所を確保します。

もしベッドが好きな場合は、ドーム型やかまくら型など、犬自身が隠れることができる寝床にしてあげると、落ち着くことがあります。また、ケージやハウスを活用している場合は掘ったりかんだりしてもよいクッションやタオル、毛布など、安心できるものを入れてあげましょう。清潔な状態を保つのも、衛生面上、必要です。

なぜ掘っているのか、その真相を突き止める

愛犬が必要以上にベッドをがりがり掘ってしまうときは、おもちゃなどで遊び、犬の注意を逸らせることも対策の一つです。それでもやめない場合は、冷静に怒りましょう。

掘る行動には、さまざまな理由があります。まずはどんな理由で掘っているのかを探り、愛犬の行動を分析してみてください。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING