【獣医師監修】犬の骨折 原因、なりやすい犬種、症状、治療方法は?

「骨折(こっせつ)」とは、事故や転倒、飛び降りなど、さまざまなアクシデントで、骨が折れたり、骨にひびが入ったりした状態です。とくに子犬の場合は骨の成長にも関わる場合があるので、骨折したかなと思われる場合は、できるだけ早く動物病院で診てもらうことが重要です。

【獣医師監修】犬の骨折 原因、なりやすい犬種、症状、治療方法は?
出典 : PardoY/Shutterstock.com

犬の骨折とは

犬の骨折とは

Elena Vasilchenko/ Shutterstock.com

骨の損傷のみにとどまらないことも

骨が壊れることを「骨折」と言います。完全に折れた場合だけでなく、ひびが入ったり、一部分が欠けたりする場合も骨折です。

骨とその周囲には血管や神経が張り巡らされているので、骨折すると、その部位を動かせなくなると同時に出血や痛み、腫れが出たりします。

また、骨だけでなく内臓や皮膚を損傷する恐れもあります。

犬の骨折の種類

折れた骨により皮膚が破れて骨折部が露出した状態を「開放骨折」と言います。

対して、骨折部が露出していない状態を「閉鎖骨折(単純骨折)」と呼びます。

骨の折れ方(ひびの入り方)や、骨の折れた(ひびが入った)場所により、さまざまな骨折の呼称があり、それぞれに「開放骨折」と「閉鎖骨折」があります。

ここでは、長幹骨(手足を構成する長細い骨)を例に、おもな骨折を紹介します。

犬の長幹骨の代表的な骨折

犬の長幹骨の代表的な骨折

成長期に起きる「成長板骨折」は要注意

成長期の子犬に起こりうる特別なケースとして、特筆しておきたいのが「成長板骨折(せいちょうばんこっせつ)」です。

成長板とは、骨の先端部分にある板状の軟骨組織で、骨が成長していく部分。

成長期にこの部分を骨折してしまうと、骨が伸びなくなってしまい、四肢が左右非対称になったり、足が湾曲してしまうなど、深刻な影響が出てしまいます。

成長期の子犬が急に足を上げたり、「ギャン」と悲鳴をあげたりした場合は、念のため動物病院で検査してもらいましょう。

犬の骨折【原因】

犬の骨折【原因】

Jaromir Chalabala/ Shutterstock.com

事故やアクシデント、喧嘩による骨折

交通事故や高い所からの落下、激しい転倒、強度な打撲、犬同士の喧嘩などでの外傷による骨折です。

骨が持つ抗力を越えた大きな外力が加わって起こります。

疾患による骨折

骨肉腫など局所的疾患、骨感染症など全身的疾患くる病などの栄養障害が原因で骨がもろくなり、軽い力が加わっても簡単に骨折することがあります。

犬の骨折【症状】

犬の骨折【症状】

HardheadMonster/ Shutterstock.com

犬が骨折をした場合、以下のような症状が見られます。すぐに獣医師に診てもらいましょう。

骨折部が動かせない
骨折部の周囲が腫れている
骨折部の周囲が内出血している
骨折部の周囲が変形している



また、骨折部位によって以下のような特有の機能障害が生じます。

犬の四肢が骨折した場合

骨折した足を上げるなど、歩行困難?になります。

犬の脊椎が骨折した場合

背骨が骨折することで脊髄損傷を併発します。

骨折した部位によって、後肢麻痺や四肢麻痺になることも。

また足の麻痺、排便・排尿困難になる場合もあります。

犬の骨折【発症しやすい犬種】 

犬の骨折【発症しやすい犬種】 

Utekhina Anna/ Shutterstock.com

骨折は外傷によるケースが多いので、犬種・年齢を問わず発生します。

ただし、小型犬や四肢の細い犬など、華奢な骨格ゆえに骨折しやすい犬種があります。

とくに多いのは、小型犬種の前足の「橈骨(とうこつ)」や「尺骨(しゃっこつ)」の骨折です。

高い所から飛び降り、前足から勢いよく着地した際、前足への負担が大きくなり骨折してしまいます。

犬の骨折【発症しやすい犬種】 

BORINA OLGA/ Shutterstock.com

骨折しやすい小型犬・超小型犬

イタリアン・グレーハウンド
チワワ
トイ・プードル
パピヨン
ポメラニアン
マルチーズ
ミニチュア・ピンシャー
など

骨折しやすい中型犬・大型犬

サルーキ
ボルゾイ
など

犬の骨折【診断方法】

犬の骨折【診断方法】

wavebreakmedia/ Shutterstock.com

X線検査

犬の骨折は、おもにX線検査で診断していきます。

痛がっている場所が実際に骨折しているか、どの程度で、どのように骨折しているかなどを調べます。

交通事故などの場合には全身の確認が必要なので、血液検査で内臓の状態も確認します。

犬の骨折【治療方法】 

犬の骨折【治療方法】 

seapl/ Shutterstock.com

骨折は放置しておくと自然に骨がくっつき、骨としての機能を果たします。

しかし、不自然な形でついた場合は湾曲するなど、その見た目は元には戻りません。

また、血行障害により筋肉が壊死するなど、さまざまな合併症が起きることもあります。

できるだけ早く動物病院で治療して、骨折した骨を正常な位置に戻し、骨が再生・癒合するまで正しい位置で固定し安定化させましょう。

自宅での応急処置は、犬が患部に触られることを嫌がり、唸ったり噛んだりするので非常に困難です。

少しでも早く動物病院へ連れて行くことを最優先にしてください。

犬の骨折【治療方法】 

bochimsang12/ Shutterstock.com

動物病院での骨折治療には、以下の方法があります。

外固定法(がいこていほう)

包帯やギプスを骨折部の外側から装着する固定法です。

内固定法(ないこていほう)

手術で患部を開いて骨同士をプレートやワイヤー、ピンなどで直接固定する方法です。

創外固定法(そうがいこていほう)

同じく手術ですが患部は開かずに特殊なピン、ワイヤーを通し、皮膚の外で固定する治療法です。

犬の骨折【予防対策】 

犬の骨折【予防対策】 

fotorince/ Shutterstock.com

基本的に骨折はアクシデントなので、日常的な生活でアクシデントが起きないように注意することが予防につながります。

飛び降りるクセをつけさせない

発症率が圧倒的に多いのが、若い犬が高い所から飛び降りて着地時の負荷で折れてしまう骨折です。

飼い主の腕から、階段や自転車のカゴ、病院の待合室の椅子など、犬が飛び降りる機会は意外にたくさんあります。

とくに多いのが、飼い始めたばかりの頃の事故です。

犬を入れたバッグを高い所に置かない、パニックを起こさせないなど、子犬の際はとくに配慮してあげましょう。

いったん飛び降りるクセがついてしまうと一生続けてしまう場合も。大変危険なので、早いうちにやめさせましょう。

外出時は安全確保に努める

都心での犬の交通事故は減少傾向にありますが、交通事故は命の危険にまでおよぶ深刻な状況を引き起こします。

散歩の際などは、道路に飛び出さないようにリードでしっかりコントロールしましょう。

運動能力が高い犬種の場合はとくに注意してください。

Kwan Kajornsiri/ Shutterstock.com

床での転倒・階段からの落下に気をつける

床で滑っての転倒や階段からの落下も骨折の原因に。

フローリングにはカーペットやラグを敷き、ソファーや家具、車から飛び降りないように教えることが必要です。

また、初めて行く場所などでは、思いがけない所で怪我をすることも。外出時はとくに気をつけましょう。

犬の足裏の毛や爪をカットする

足裏の毛や爪が伸びすぎていると、滑りやすくなってしまいます。

定期的にチェックしてカットしましょう。

犬の骨折と間違えやすい病気 

犬の骨折と間違えやすい病気 

Blanscape/ Shutterstock.com

犬の捻挫

関節の靱帯や腱、軟骨などが無理な動きにより傷ついた状態です。

患部の痛み、腫れ、発熱が現れ、跛行します。

監修者情報

長坂 佳世先生
D&C Physical Therapy院長、獣医師

麻布大学外科学第2研究室を卒業後、都内の動物病院で一般診療に携わる。2006年にCHI Institute(フロリダ州)にて鍼治療認定資格(CVA)、マッサージ療法認定資格(CVT)を取得。2008年からゼファー動物病院にて一般診療、リハビリテーション診療を担当し、2011年にテネシー大学公認、リハビリテーション認定資格(CCRP)を取得。同動物病院にてリハビリテーション専門診療を行う。2013年に独立し、日本初の犬と猫のリハビリテーションに特化した動物病院「D&C Physical Therapy(フィジカルセラピー)」を開院。
現在、一般社団法人 日本獣医麻酔外科学会、公益社団法人 東京都獣医師会、杉並区獣医師会、日本動物リハビリテーション学会 理事、日本動物理学療法研究会に所属。ペット雑誌からの取材記事、動物医療専門誌への寄稿多数。現在、Mix 猫1匹と一緒に暮らす愛猫家。
続きを読む

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「犬の病気・症状」の人気記事RANKING