【獣医師監修】犬にとって安全な「油脂類」の原材料とは?栄養学のプロが飼い主の不安を解消!

「動物性油脂や植物性油脂は、犬に与えてはいけない」という話を耳にすることがあります。そもそもドッグフードに油脂類はなぜ必要なのか?ドッグフードに含まれる油脂類の安全性は高いのか?動物栄養学のプロが、ドッグフードの「油脂類」について解説します。

【獣医師監修】犬にとって安全な「油脂類」の原材料とは?栄養学のプロが飼い主の不安を解消!
出典 : cheche22- stock.adobe.com
先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【資格】
獣医師

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

「ヒューマングレード」の考え方とドッグフード関連の法律

「ヒューマングレード」の考え方とドッグフード関連の法律

iStock.com/Valeriya21

ドッグフードの原材料として「動物性油脂」や「植物性油脂」が果たす役割や安全性を解説する前に、以下の2点を理解しましょう。

【1】「ヒューマングレード」という考え方

安全氏の高いドッグフード

Angela Rohde- stock.adobe.com

ドッグフードの品質について語る際に、「ヒューマングレード」という言葉が使われることがあります。

「人間が安心して食べられる食材のレベル」という意味で使う人もいれば、飼い主の愛情の証として考える飼い主も増えているようです。

しかし、「ヒューマングレード」とは、ペットフードの品質を担保するための法規制や組織がなく、粗悪な原料で作られたり、栄養が不十分なフードが出回っていた時代に生まれた言葉です。

「ペットに安心して食べさせられるフードを」という意味から唱えるようになったと考えられています。

「ヒューマングレード」という考え方

345 / PIXTA(ピクスタ)

現在では、ドッグフードを含むペットフードの安全については、2009年に制定された「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(通称:ペットフード安全法)によって厳しく決められ、メーカーは遵守して製造してます。

ですから、「ヒューマングレード」という考え方は必要ないでしょう。

【2】日本独自の「ペットフードの安全を守る法律」

日本独自の「ペットフードの安全を守る法律」

iStock.com/Darkcloud

さらに、日本では、農林水産省や環境省が定めた「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(通称:ペットフード安全法)」により、ドッグフードの原材料や製造方法の基準が定められています。

第1章第1条 この法律は、愛がん動物用飼料の製造等に関する規制を行うことにより、愛がん動物用飼料の安全性の確保を図り、もって愛がん動物の健康を保護し、動物の愛護に寄与することを目的とする。

第2章第5条 農林水産大臣及び環境大臣は、愛がん動物用飼料の使用が原因となって、愛がん動物の健康が害されることを防止する見地から、農林水産省令・環境省令で、愛がん動物用飼料の製造の方法若しくは表示につき基準を定め、又は愛がん動物用飼料の成分につき規格を定めることができる。

出典 【電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ】「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(平成二十年法律第八十三号)

ペットフード安全法」は、愛がん動物の健康保護を目的とした法律です。

製造メーカーはこの法律を遵守しながら、ドッグフードを製造・輸入・販売して、記録を帳簿に記載することが義務付けられています。

つまり、国産のドッグフードは、犬に有害な原材料を使うことはあり得ないのです。

国産の安全なドッグフードを食べる犬

iStock.com/elenaleonova

ペット先進国であるヨーロッパやアメリカでは、ドッグフードの安全基準はあっても、ペットフード専用の法律はなく、飼料と同じように考えられていることが大半です。

よって、日本の「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(通称:ペットフード安全法)」は、世界から見ても、とても先進的な法律と言えるでしょう。

そして、この「ペットフード安全法」により、

✔ドッグフードに使用できる原材料や製造方法についてとても厳しい基準があること

✔法律が守られているかを厳格にチェックする仕組みがあること

も、日本産ドッグフードの安全性を高めています。

ドッグフードの原料になる油脂類とは?

ドッグフードの原料になる油脂類とは?

alex9500- stock.adobe.com

ドッグフードの原料になる油脂を「ペットフード公正取引協議会」では以下のように定義しています。

分類種類
動物性油脂牛脂(タロー)、豚脂(ラード)、鶏油(チキンオイル)、魚油(フィッシュオイル)、バター、脂身など
植物性油脂大豆油、ゴマ油、胚芽油、綿実油、パーム油、マーガリンなど
脂肪酸リノール酸、リノレン酸、高度不飽和脂肪酸などの必須脂肪酸

※脂肪酸自体は、植物性・動物性油脂のすべてに含まれています

【参照元】ペットフード公正取引協議会「製造について」ペットフードの原材料一覧表

動物性油脂(牛、豚、鶏、魚)

動物性油脂(牛、豚、鶏、魚)

Digifoodstock / PIXTA(ピクスタ)

「牛はタロー」「豚はラード」と言ったように、動物ごとに油脂の種類が異なります。

、鶏肉などの油脂は飽和脂肪酸を、魚油は不飽和脂肪酸を多く含んでいます。

植物性油脂

植物性油脂

株式会社デザインメイト / PIXTA(ピクスタ)

犬は動物性油脂を好む傾向にあるため、ドッグフードでは植物性油脂よりも動物性油脂が多く用いられます。

また、動物性油脂の方が植物性油脂よりも安いことも、動物性油脂が使われやすい理由です。

脂肪酸

脂肪酸

kai / PIXTA(ピクスタ)

脂肪酸は、動物が摂取しないと生きていけない栄養素のひとつです。

中でも、体内で作ることができないため、食物として摂り入れなくてはならない脂肪酸を「必須脂肪酸」と呼びます。

「必須脂肪酸」には「リノール酸」や「αリノレン酸」などがあります。

日本のドッグフードの総合栄養食には5%以上の「油脂」と1%以上の「必須脂肪酸のリノール酸」を含むことを規定しています。

ただし、肉類を原料とするドッグフードには、油脂(脂肪酸)が含まれているため、脂肪酸そのものを加える必要はありません。

ドッグフードに油脂類が必要な理由

ドッグフードに油脂類が必要な理由

kinako / PIXTA(ピクスタ)

ドッグフードにおける油脂類の役割は、次の4つです。

エネルギーの供給

犬が活動するために必要なエネルギー源を効率よく摂取することができます。

必須脂肪酸の摂取

犬の体内では生成できず、生きていくのに絶対に必要な必須脂肪酸を摂り入れることができます。

ビタミン吸収のサポート

iStock.com/baibaz

ビタミン吸収のサポート

ドッグフードに含まれる油脂類が脂溶性ビタミンを吸収するサポートをします。

嗜好性の向上

油脂類が犬の食欲をそそります。

ドッグフードの油脂の酸化の影響

iStock.com/Constantinis

ドッグフードの油脂類の役割を最大限に発揮させるには「酸化防止」が大切です。

新鮮な油脂は栄養的にも嗜好性的にも優れた効果をもたらしてくれますが、酸化が進むと犬の健康に悪影響を与えるようになってしまいます。

人間でも酸化した油で下痢(げり)や蕁麻疹(じんましん)など体調を崩すことがありますが、犬も下痢などを起こす場合があるようです。

「動物性油脂」の安全性は?

「動物性油脂」と「4Dミート」

iStock.com/vzwer

「動物性油脂」と「4Dミート」

飼い主の不安をあおる情報のひとつに「4Dミート」というものがあるようです。

「4Dミート」とは、食肉ランクで以下を表すとされています。

英語日本語
Dead死んだ動物の肉
Dying死にかけの動物の肉
Diseased病気の動物の肉
Disabled障がいのある動物の肉

飼い主が心配するのは、このような「4Dミート」がペットフードとして使われているのではないか、ということでしょう。

しかし、「ペットフード安全法」の製造基準では、そのような原材料を用いることを禁止しています。

ペットフードの製造メーカーとしても、法律を犯してまで、安定的に確保しにくい腐っている肉や感染性の病気にかかって死んだ動物の肉を回収し、ペットフードに使用するメリットはありません。

ペットフード安全法」がある現在の日本では、ペットフードの動物性油脂は安全な原材料から作られています。

「動物性油脂」と酸化防止剤

iStock.com/OlyaSolodenko

「動物性油脂」と酸化防止剤

「酸化」とは、空気中の酵素によって物質が変質することを言います。

酸化防止剤はドッグフードの酸化を抑制しますが、安全性を守るのに必要な量しか使われません。

コストがかかるため、メーカー側は最小限に抑えたいと考えるからです。

また、缶詰やレトルトパックになっているウェットフードは、そもそもフードが空気に触れず、酸化する心配がないので、酸化防止剤は使用されません。

「動物性油脂」とアレルギー

iStock.com/yellowsarah

「動物性油脂」とアレルギー

アレルギーは、タンパク質に対して起こる免疫反応です。

精製された油脂であればタンパク質は含まれていないので、アレルゲンになる可能性はありません。

「植物性油脂」の安全性は?

「植物性油脂」と「トランス脂肪酸」

exclusive-design- stock.adobe.com

「植物性油脂」と「トランス脂肪酸」

常温で液体の植物油に水素を加えて固体の脂肪を製造(不飽和化)する際にできるのが「トランス脂肪酸」です。

マーガリンやショートニング、それらを使ったパンやお菓子には、トランス脂肪酸が含まれているものがあり、大量に摂取すると人の健康に悪影響があるとされています。

しかし、ドッグフードを作るのに、マーガリンやショートニングなどを使う必要はありません。

サラダ油などの精製した植物油にも、微量のトランス脂肪酸が含まれていると言われていますが、愛犬が毎日食べても心配するような量にはならないので安心してください。

愛犬のためのドッグフード選び

iStock.com/fotyma

ドッグフードへの不安や疑問は解消できましたか? 

愛犬の健やかな成長と健康を守ることができるのは飼い主だけです。

正しい知識を身につけて、愛犬のために最適なドッグフードを選びましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING