【獣医師監修】犬にとって安全な「豆・野菜・魚介類」の原材料とは?栄養学のプロが飼い主の不安を解消!

ドッグフードには、肉類や穀類のほかにも豆、野菜、魚介類など、さまざまな原材料が含まれています。「犬に魚は必要?」「大豆は消化しにくい?」という情報も流れていますが、実際のところはどうなのでしょう? ペット栄養学の第一線で活躍されている徳本一徳先生にお話しを伺いました。

【獣医師監修】犬にとって安全な「豆・野菜・魚介類」の原材料とは?栄養学のプロが飼い主の不安を解消!
出典 : Alexandr Vorobev/ shutterstock.com
先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【資格】
獣医師

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

「ヒューマングレード」の考え方とドッグフード関連の法律を理解しよう!

この2つを理解することが「安心」への近道! 「ヒューマングレード」の考え方とドッグフード関連の法律・規約

esthermm/ Shutterstock.com

ドッグフードの原材料として、「豆類」や「野菜」「魚介類」が果たす役割や安全性を解説する前に、以下の2点を理解しておいたほうがよいでしょう。

この時代に「ヒューマングレード」という考え方は適切か?

ドッグフードの品質について語る際に、「ヒューマングレード」という言葉が使われることがあります。

「人間が安心して食べられる食材のレベル」という 意味で使う人もいれば、飼い主の愛情の証として考える飼い主も増えているようです。

しかし、そもそも「ヒューマングレード」とは、ペットフードの品質を担保するための法規制や組織がなく、粗悪な原料で作られたり、栄養が不十分なフードが出回っていたりした時代に生まれた言葉です。

「ペットに安心して食べさせられるフードを」という意味から、唱えられるようになったと思われます。

この時代に「ヒューマングレード」という考え方は適切か?

LightField Studios/ Shutterstock.com

現在では、ドッグフードを含むペットフードの安全については、2009年に制定された「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(通称:ペットフード安全法)によって厳しく規定され、メーカー各社はそれを遵守して製造を行っています。

ですから、今となってはもはや「ヒューマングレード」という考え方は必要のないものだと言えるのです。

日本には、世界でも特異な「ペットの安全を守る法律」がある

日本には、世界でも特異な「ペットの安全を守る法律」がある

alexei_tm/ Shutterstock.com

日本では、環境省・農林水産省が定めた「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(通称:ペットフード安全法)」により、ドッグフードの原材料や製造方法の基準が定められています。

第1章第1条 この法律は、愛がん動物用飼料の製造等に関する規制を行うことにより、愛がん動物用飼料の安全性の確保を図り、もって愛がん動物の健康を保護し、動物の愛護に寄与することを目的とする。

第2章 第5条 農林水産大臣及び環境大臣は、愛がん動物用飼料の使用が原因となって、愛がん動物の健康が害されることを防止する見地から、農林水産省令・環境省令で、愛がん動物用飼料の製造の方法若しくは表示につき基準を定め、又は愛がん動物用飼料の成分につき規格を定めることができる。

出典 【電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ】「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(平成二十年法律第八十三号)

このように「ペットフード安全法」は、愛がん動物の安全確保・健康保護を目的とした法律です。

製造メーカーはそれを厳しく遵守し、製造・輸入・販売して、その記録を帳簿に記載することが義務付けられています。

つまり、国産のドッグフードは、犬のカラダに害になる原材料を使用することはあり得ないのです。

日本には、世界でも特異な「ペットの安全を守る法律」がある

hurricanehank/ Shutterstock.com

このように「ペットフード安全法」は、「愛がん動物の安全確保・健康保護」を目的とした法律です。

製造メーカーはそれを厳しく遵守し、「製造・輸入・販売」して、その記録を帳簿に記載することが義務付けられています。

つまり、国産のドッグフードは、犬のカラダに害になる原材料を使用することはあり得ないのです。

ここでは詳細を省きますが、ペット先進国と言われるヨーロッパやアメリカでさえ、ドッグフードの安全基準はあっても、ペットフード専用の法律はなく、飼料と同じくくりで考えられているものが多いのです。

日本の「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(通称:ペットフード安全法)」は、世界から見ても、とても先進的な法律と言えるでしょう。

そして、この「ペットフード安全法」により、

✔ドッグフードに使用できる原材料や製造方法についてとても厳しい基準があること

✔法律が守られているかを厳格にチェックする仕組みがあること

も日本産ドッグフードの安全性を高めています。

ドッグフードに含まれる豆類とは?

タンパク質が豊富な「豆類」

Kerdkanno/ Shutterstock.com

タンパク質が豊富な「豆類」

ペットフードの表示に関する公正競争規約」では、『すべての穀類の豆とその加工物、加工副産物』を「豆類」と定義しています。

大豆、脱脂大豆(大豆ミール)、きな粉、大豆粉(ソイフラワー)、おから、そら豆、小豆などの種類があります。

豆類は、油を絞ったあとの残りが原料として使われることが多く、豆そのものが使用されることはほとんどありません。

豆類はタンパク質を豊富に含んでいるので、動物性タンパク質とともに重用されています。

しかも大豆ミールやおからなどは、製造工程の副産物として大量に発生するので、低コストで食材を有効活用できるメリットもあります。

脱脂大豆(大豆ミール)とは?

Matt Benoit/ Shutterstock.com

脱脂大豆(大豆ミール)とは?

大豆は、人間にとっても重要なタンパク源のひとつです。

ペットフードにおもに使用されるのは、大豆から油を絞ったあとの脱脂大豆。

脱脂大豆を乾燥させて粉にしたのが、大豆ミールです。

「絞りかすには栄養分が残っていないのでは?」と思うかもしれませんが、植物性タンパク質が豊富に含まれています。

大豆や大豆ミールは危険?

大豆や大豆ミールは胃捻転を起こす?

Amarita/ Shutterstock.com

大豆や大豆ミールは胃捻転を起こす?

大豆や大豆ミールは、鼓腸症(こちょうしょう:急性の胃拡張や胃捻転)を引き起こす」と言われることがありますが、現在ではそのような事実はないことが、多くの研究結果で証明されています。

大豆に含まれているタンパク質は、犬に適していない?

技術進化により、十分に消化吸収が可能

犬に限らず、動物にとって一番バランスよくアミノ酸を摂取できるのは、動物性タンパク質です。

そういう意味で、犬にとって「植物性タンパク質は最良の栄養素である」とは言えないかもしれません。

しかし、だからといって、「植物性タンパク質は犬にとって消化吸収しにくいのでフードの原料に適していない」という考えは正しくありません。

犬にとって「動物性タンパク質源のほうが植物性タンパク質源より消化吸収しやすい」という考えは、食材の加工技術が今ほど進んでいない時代に囁かれていたことであり、加工技術が進んだ今は、大豆などの植物タンパク質源も犬の胃腸で十分に消化吸収されるようになっています。

大豆に含まれているタンパク質は、犬に適していない?

successo images/ Shutterstock.com

大事なのは由来ではなく、栄養のバランス

動物性タンパク質源と植物性タンパク質源とでは、含まれる栄養の種類や量が異なり、植物からのほうが摂取しやすい栄養素もあります。

また、犬の主食にあたる総合栄養食の多くは、動物性と植物性のタンパク質源を組み合わせて作られています。

ドッグフードにとって大切なのは、タンパク質が「動物性由来か?」「植物性由来か?」ということではなく、犬の成長や健康維持に必要な栄養素がバランスよく含まれているかどうかということなのです。

ドッグフードに含まれる野菜類とは?

野菜は、ウェットフードで多用

Pavel Vinnik/ Shutterstock.com

野菜は、ウェットフードで多用

ペットフードの表示に関する公正競争規約」で定義されているのは、

『新鮮又は適正な方法で保存されたすべての野菜とその加工物』です。

具体的には、にんじんキャベツ、グリーンピース、かぼちゃなどが挙げられています。

野菜にはいろいろな栄養が含まれている

Alexander Raths/ Shutterstock.com

野菜にはいろいろな栄養が含まれている

野菜には、ビタミンやミネラルなど多岐にわたる栄養素が含まれていて食物繊維も豊富ですが、見た目の彩りのよさやおいしさを演出できるメリットもあります。

例えばにんじんの赤、かぼちゃの緑と黄色を肉のピンク色に添えれば、カラフルな仕上がりに。

さらに、野菜にはポリフェノールなどの抗酸化成分も多く含まれています。

見た目のおいしさを演出するのは飼い主のため!?

Sergio Stakhnyk/ Shutterstock.com

見た目のおいしさを演出するのは飼い主のため!?

ただし、犬は嗅覚や味覚で食欲が促されます。色覚は2色程度の識別能力しかないので、人間と違って見た目で食欲がそそられるということはほぼありません。

つまり、カラフルなドッグフードは、犬に対してというより、飼い主の「おいしい食事を与えたい」という気持ちに応える工夫なのです。

ビートパルプはカサ増しのため ?

VDB Photos/ Shutterstock.com

ビートパルプはカサ増しのため ?

ビートとは「サトウダイコン(テンサイ)」のことで、サトウキビと並ぶ砂糖の原料となる野菜です。

砂糖を製造する過程で葉っぱと絞りカスが残るのですが、それがドッグフードの原料になる「ビートパルプ」です。

「残りカス」と言う言葉にあまりよいイメージがないせいか、「ビートパルプはドッグフードの甘み増しと、カサ増しのために使われている」という情報をみかけることがあります。

ただ、ビートパルプは豊富な食物繊維を含んでいる、犬のカラダにとってよいものです。

腸内環境を整えてくれる「可溶性食物繊維」と、便通をよくしてくれる「不溶性食物繊維」の中間くらいの性質を持っているという特徴があります。

「過剰に含まれる不溶性繊維が腸にダメージを与える」といった、根拠のない情報を鵜呑みにしないようにしてください。

ドッグフードに含まれる魚介類とは?

「魚介類」には、貝類・甲殻類・軟体動物も含まれる

symbiot/ Shutterstock.com

「魚介類」には、貝類・甲殻類・軟体動物も含まれる

ペットフードの表示に関する公正競争規約」では、

『新鮮又は適正な方法で保存されている魚類、貝類、甲殻類、軟体動物とその加工物、加工副産物』

を魚介類としています。

具体的な種類として挙げられているのは、マグロ、カツオ、アジ、イワシや魚粉(フィッシュミール)、フィッシュエキスなどです。

ドライフードには乾燥させて粉末にしたものが、ウェットフードには、水分を含んだままの状態で用いられています。

魚粉(フィッシュミール)とは何?

Yulia_Lisitsa/ Shutterstock.com

魚粉(フィッシュミール)とは何?

魚粉(フィッシュミール)とは、魚を乾燥させて粉末状にした原料です。

魚の「種類」「産地」「処理方法」「成分」などの違いにより、じつに多くの種類があります。

肉が好きな犬に魚を与えるメリットは?

Chendongshan/ Shutterstock.com

肉が好きな犬に魚を与えるメリットは?

魚介類は、肉類と並ぶ動物性の原料です。

植物性の原料に比べて消化率がよいこと、良質のアミノ酸を含んでいること、嗜好性(しこうせい)が高いこと、などの特徴があります。

肉類と比べると、不飽和脂肪酸が多く、とくに炎症を抑え、皮膚の健康に役立つDHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸が多いというメリットもあります。

ただし、魚介類は、肉類に比べて価格が高く、季節によって含まれる栄養成分に違いがあること、天候によって確保できる量を左右されることなど、製造側にとって悩ましい点があります。

魚を使用するドライフードには酸化防止剤が必須

Oksana Shufrych/ Shutterstock.com

魚を使用するドライフードには酸化防止剤が必須!

なお、魚を原料にしてドライフードを作る場合には、酸化防止剤の使用が必要です。

魚はカラダによいと考えられている不飽和脂肪酸を含んでいますが、酸化しやすいのが難点です。

魚に含まれる不飽和脂肪酸は、融点が低く、空気中の酸素と結びつきやすい性質があるので、フードの調理中から酸化が始まることになります。

ドライフードは、開封してからすぐに使い切るわけではないので、空気に触れる時間が長くなります。

よって、酸化防止剤を使用して酸化を抑える必要があるのです。

添加物を使うことについては、抵抗感がある飼い主もいると思いますが、食材の持つ栄養素を最大限活かすためには、添加物が必要になる場合があることを覚えておいてください。

ちなみに、ウェットフードの場合は、缶詰や真空パックで空気に触れないようになっているので、酸化する心配がないので、酸化防止剤は使う必要がありません。

michaelheim/ Shutterstock.com

人間がいろいろな食材から栄養素を摂るように、ドッグフードも犬のカラダに必要な栄養素をさまざまな原料を組み合わせることによって作られているのです。

ドッグフードの原材料に表示されている項目をチェックし、正しく理解して、愛犬のカラダに合ったフードを選びたいものです。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING